農学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求等はこちら

学内情報サービス

農芸化学専攻

高度先端技術を駆使して

 農芸化学専攻では、「食料・環境・生命」の分野における諸課題に物理学・化学・生物学・分子生物学および工学の立場から取り組んでいます。先端技術を駆使して、私たちが安全で快適な生活を送るために必要な食糧・栄養や地球環境の問題克服をめざします。

 
 主な研究分野としては、動植物・微生物の栄養と代謝、有用生物の選抜と育成、生理活性物質の探索、生物を利用した土壌改良・環境浄化など、生物生産や資源生物に関する分野があります。さらに生産物を対象とする研究分野としては、新規食品素材や食品機能の開発などがあります。

 
 以上の教育・研究を通して、バイオサイエンス研究に必要な化学的・分子生物学的な知識を有し、幅広く農芸化学分野で社会貢献できる人材を養成します。本専攻の修了者は、食品業界・総合化学・医農薬を含む環境整備業界・試験研究機関などで活躍しています。

農芸化学専攻 カリキュラム一覧

 農芸化学専攻では、生物や環境の構造と機能および物質変化(代謝・生態)の本質的解明を人間生活に応用することをめざしています。特に食品科学、微生物科学、栄養科学、環境科学などの分野で多面的な研究を行っています。

カリキュラム 教員
農芸化学研究演習 各担当教員 -
農芸化学論文読解・作成演習 各担当教員 -
微生物遺伝学特論 准教授 前田 理久 *
栄養生化学特論 准教授 川端 博秋 *
天然物有機化学特論 准教授 荒谷 博 *
環境分析化学特論 准教授 安保 充 *
土壌圏科学特論 専任講師 加藤 雅彦
植物環境調節学特論 准教授 中林 和重 *
生物機能化学特論 教授 杉山 民二 *
食品生化学特論 教授 竹中 麻子 *
食品機能化学特論 准教授 石丸 喜朗 *
食品衛生学特論 教授 長田 恭一 *
応用生化学特論 専任講師 島田 友裕
食品工学特論 教授 中村 卓 *
微生物生態学特論 教授 中島 春紫 *
生物物理学特論 准教授 鈴木 博実
微生物化学特論 准教授 村上 周一郎 *
ケミカルバイオロジー特論 准教授 久城 哲夫 *
発酵食品学特論 准教授 佐々木 泰子 *
環境バイオテクノロジー特論 専任講師 小山内 崇
微生物利用学特論Ⅰ 兼任講師 田口 精一
微生物利用学特論Ⅱ 兼任講師 今村 壮輔
畜産物利用学特論Ⅰ・Ⅱ 兼任講師 八村 敏志
先端分析機器学特論Ⅰ・Ⅱ 特任講師 佐藤 道夫
構造細胞生物学特論Ⅰ・Ⅱ 特任講師 佐藤 道夫
細胞生物学特論Ⅰ・Ⅱ 特任講師 佐藤 道夫
最新生命化学特論(1) 兼任講師 岸 努
最新生命化学特論(2) 兼任講師 山本 直之
バイオマス資源活用特論Ⅰ・Ⅱ 特任教授 藤原 俊六郎
Global Scientific Communication in English 特任准教授 マクタガート,イアン・ピーター
科学者倫理 専任講師 長田 蔵人
ジオスタティスティクス特論 兼任講師 斎藤 広隆
国際協力論特論 特任教授 坪田 邦夫
*・・・博士後期課程も担当

2016年度修士論文

食品醸造麹菌が有するハイドロフォービン遺伝子群の単離と解析
Cytokinin Oxidase/Dehydrogenaseの蛍光分光法による活性測定法の開発
メイラード反応によって生成する青色および黄色色素化合物の同定と生成機構の解明
低温性接合菌が生産するリパーゼに関する研究
n-3系脂肪酸の不安抑制効果の検討
グリオキサール及び3-デオキシキシロソン由来メイラード反応後期段階架橋生成物の化学的解析
ビフェニル資化性ゲノミックアイランド(ICEbph)の染色体からの切り出し/組み込み制御機構の解明
更年期モデルラットにおける共役リノール酸と柑橘由来成分の脂質代謝異常予防効果の検証
植物由来アミノアシルtRNA合成酵素の新規機能の探索
アブシジン酸生合成に関与するカロテノイド異性化酵素の機能解析
Cytokinin Dehydrogenaseを反応機構的に阻害する蛍光標識分子の合成
低タンパク質食摂取と性差が体内ビタミンE濃度に及ぼす影響の解析
アミノ酸欠乏によるfibroblast growth factor 21 mRNA発現増加機構の解析
Paenibacillus alvei No.14株の有する光レスポンスに関する研究
Aspartic-endo-peptidaseによるbitter peptidesの生成
薬用植物由来有効成分の生合成研究
PCB/ビフェニル分解菌Alcaligenes denitrificans A41株のポリヒドロキシアルカン酸(PHA)合成関連遺伝子の解析
微生物資材の植物への作用機作の研究
Burkholderia fungorum ANA-18株の持つORF7の機能と特性解析
オンサイト分析のためのキャピラリー電気泳動-非接触型電気伝導度検出器の応用研究
ライチ果実由来低分子化ポリフェノール “Oligonol” のコレステロール代謝調節作用
麹菌Aspergillus oryzaeのハイドロフォービンHypCの機能解析
グリセルアルデヒド由来メイラード反応後期段階生成物「GLAP」とマルチリガンドレセプター「RAGE」の相互作用機構の解明
ラット小腸に発現するCRBPⅡの翻訳後修飾に関する研究
Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus のオルニチン脱炭酸酵素遺伝子破壊株作製の検討
ラット十二指腸内容物のプロテオーム解析-栄養素の違いに対する応答-
Alcaligenes denitrificans A41 株を用いた環境汚染物質ビフェニルからポリヒドロキシアルカン酸(PHA)への効率的変換
ブラシノステロイド情報伝達因子BIL3の化学生物学的研究

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.