【農学専攻】第68回欧州連合畜産学会で谷里実さん(農学研究科2年)がベストポスター賞を受賞しました

2017年12月04日
明治大学 農学部事務室

谷里実さんと纐纈雄三教授谷里実さんと纐纈雄三教授

 第68回欧州連合畜産学会で(European Federation of Animal Science 87 th, 2017年8月27日から9月1日に欧州エストニア・タリン市にて開催)、農学科・動物生産学研究室の谷里実さん(農学研究科2年)がベストポスター賞を受賞しました。
 本学会は米国畜産学会と並ぶグローバルな学会です。世界50ヵ国以上から参加者がありました。研究タイトルは「Characteristics of high and low prolific sows on Spanish high-performing farms」
です。著者は、Satomi Tani, Carlos Pineiro, and Yuzo Koketsuです。
 本研究は、農学科・動物生産学研究室で進めている日欧アの国際共同研究の一部です。南欧州の98農場から集めた母豚記録45万頭分を分析し、母豚の繁殖成績のポテンシャルは初産次の分娩子豚数で予想でき、その後の繁殖成績は農場の飼養管理に大きく左右されることを世界で初めて証明しました。

「農学部 ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.