【食料環境政策学科】環境資源会計論研究室が正田醤油株式会社・トカイナカヴィレッジ松本傳左衛門農園と共同で調味料の研究開発についての記者会見を行いました

2018年06月29日
明治大学 農学部事務室

記者発表の様子記者発表の様子

トカイナカヴィレッジでハーブ園を開拓、定植を終えた本所ゼミ3年生トカイナカヴィレッジでハーブ園を開拓、定植を終えた本所ゼミ3年生

 2018年6月5日食料環境政策学科環境資源会計論研究室(本所靖博専任講師)は明治6年創業の老舗醤油メーカーの正田醤油株式会社(本社:群馬県館林市),トカイナカヴィレッジ松本傳左衛門農園(川崎市多摩区)と共同で,川崎野菜を使った調味料の研究開発を行う記者会見を川崎市幸区のロックヒルズガーデンで行いました。

 環境資源会計論研究室では、「地域資源を活用して大学生が参加する地域連携活動」をテーマに,食と農をめぐる諸問題や地域活性化など社会的課題に対して社会科学の視点から解決を目指す実践的なゼミ活動に取り組んでおり今回の調味料研究発についてもその一環で取り組んでいます。

当日の記者発表の様子や,環境資源会計論研究室のこれまでの活動や調味料開発に至った経緯については下記よりご覧ください。
これまでの取組み・調味料開発に至る経緯
記者発表の様子

なお今回の記者発表の様子は下記メディアにて紹介されています。
神奈川新聞(2018年6月7日掲載)
タウンニュース多摩区版(2018年6月15日号)
TOKYO新聞WEB版(2018年6月29日)
 

この記事に関連するページ

「農学部 ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.