実習教育プログラム ~農業研究の黒川農場~

「種蒔きから収穫まで」、「都市と里山」の2つのキーワードを軸にした黒川農場ならではのユニークな実習教育を行います。本農場は生田キャンパスに近いことから、本学初の通年実習利用可能な農場であり、また都市部に近接しながらも里山を配する点から、農業教育と環境教育の両方が展開可能な場所にあります。この地の利を生かし、四季の変化と農作業、都市と農村、農業生産と環境保全等について、体験と実践を基本とした実習教育を行います。すなわち、これからの農業や地域開発に求められる先進的かつ持続可能な技術や考え方について、農場内の圃場、温室、山林を利用した実習を行うと共に、農場周辺地域の里山、都市近郊農業、地域コミュニティとの有機的連携による実習も展開する予定です。 

「未来型アグリ・エコファーム」を志向した先端的研究

有限会社上野園芸 開発 空宙栽培システム

黒川農場では、21紀型の新しい農業形態「未来型アグリ・エコファーム」を象徴する資源循環型・環境保全型モデル農場を志向した先端的研究を展開します。例えば、地域の生ゴミを含むバイオマス資源を有効利活用した亜臨界水反応による機能性堆肥の製造、目に見えない微細気泡“マイクロナノバブル”を利用した環境保全型作物生産の展開、作物残渣から製造したペレットを燃料とする資源循環型暖房システムの開発等、学際的で夢のある都市型研究を積極的に推進し、黒川地域や川崎地域のみならずアジア諸国にも成果を還元します。 また有限会社上野園芸(広島市安佐南区)が開発された空間を有効利用したキャベツ、トマト等の空宙栽培システム(右写真)のような未来型栽培システムの開発にも学生と取組んでいます。
※掲載されている右写真のシステムにおきまして長らく開発業者名が漏れており関係者には多大なご迷惑をおかけしました。 

市民向け農業講座(明治大学リバティアカデミー特別企画 アグリサイエンスアカデミー)の開催

現在生田キャンパスで行われている アグリサイエンス講座 現在生田キャンパスで行われている アグリサイエンス講座

農業は基本的に「多くの生命の連なりと均衡」という自然界のしくみに帰属するものですが、それが感じ取れるような栽培と加工の実践(実習)を通して農業を解説(講義)します。2012年4月にオープンする明治大学黒川農場で最初に開講される講座です。里山に連なる圃場で「農作業」を楽しみ、「農業」を学び、「農」に癒され、自ら育てた新鮮な野菜を堪能してください。また、自ら育てた大豆での手作り味噌の味も格別です。この講座は、有機農業に関心がある方、市民農園や家庭菜園で有機栽培を始めようとする方を対象としています。詳細は、明治大学リバティアカデミー(03-3296-4423)にお問い合わせください。

里山実習

落ち葉掻き 落ち葉掻き

里山には圃場とは異なる教育力があります。黒川農場には、里山を構成する雑木林、草地、小川、ビオトープ、造成法面があり、隣接して水田と水路があるので、これらを活かして、人の手と自然の力のつりあいで出来ている二次的な自然を現場で理解し、将来の日本の生物多様性のあり方を見出すための実習を行います。
例えば、雑木林では、動植物の自然観察を通して自然の成り立ちを知り、林を伐採して若返らせ、下刈、落ち葉掻き(写真)などの伝統的管理と、植生管理計画の立案とモニタリング、産物をエネルギーや肥料として活用するための経営計画を学びます。 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.