坪田 邦夫 TSUBOTA Kunio

ツボタ クニオ

職格
特任教授
学位
農学修士
最終学歴
九州大学大学院(博士課程中退)
専攻分野(研究分野)
農業経済学

研究テーマ

国際的機関等が行う世界食料需給見通しについての比較分析、近年のアジア途上国の農業支持政策の変化及びそのインパクトについての数量的分析、及び中国などアジア諸国への農業開発支援の課題と改善方向

※「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

途上国への農業開発協力はなぜ必要か。経済理論と国際機関等での実体験を踏まえて、その必要性や難しさ、そしてやりがいを考える。

主な著書・論文

'Agricultural Policies in Japan', Journal of Agricultural Economics, UK. 1985
「精米近代化事業とインドネシア農村共同組合—政策への合理的対応と限界」農業総合研究、Vol.49-4、1995
「新興国等の食料需給動向と日本の進路」、日本農業経済学会大会報告、2009

「食料環境政策学科 専任教員一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.