特別展示〈応援歌〉としての阿久悠日記(2017年9月27日~10月9日)

2017年09月10日
明治大学 大学史資料センター

日本を代表する作詞家・作家である阿久悠の没後10年・生誕80周年・作詞家活動50年の節目にあたる今年、明治大学阿久悠記念館(明治大学史資料センター所管)で保管する、阿久悠の綴った日記の一部を初展示公開します。
 1981年からおよそ26年半あまり、阿久は途切れることなく日記を書き続けました。 「時代」へのあくなき観察を通してヒット作を生み出してきた阿久にとって、日記は、日記一般にありがちな身辺雑記の場ではありませんでした。阿久は、日記を自らの感性のアンテナにかかった情報を分析・記述する場と位置づけ、自らのものの見方、ひいては生き方の羅針盤としたのです。
この比類なき日記を紹介する展示を通して、阿久による数々のヒット作の根底に存在する、阿久が精魂を傾けた日記の「秘密」と「熱」を感じ取っていただければ幸いです。

会 期 2017年9月27日(水)~10月9日(月)
会 場 明治大学中央図書館1階ギャラリー(明治大学リバティタワー1F
月~金 830-2200/土 830-1900
日・祝  1000-1700  
入場無料
主 催 明治大学史資料センター/明治大学阿久悠記念館 明治大学図書館
協 力 株式会社阿久悠 株式会社オフィス・トゥー・ワン
問合せ 明治大学史資料センター
電話 03-3296-4085 
email hismate#$%meiji.ac.jp
※ #$%をアットマークに変更して送信下さい。


〈関連記念講演会・トークイベント開催のお知らせ〉

上記展示関連企画として日記の秘密に迫る講演会とトークイベントを開催します。ふるってご参加下さい(要申込)。

日時 930日(土)13:0015:00
会場 明治大学中央図書館B1多目的ホール
内容
1300-1350 講演
冨澤成實「
阿久悠日記と『日記力 『日記』を書く生活のすすめ』」(政治経済学部教授)
14:00-14:50トークイベント
深田太郎(株式会社阿久悠)×吉田悦志(副学長・国際日本学部教授)「阿久悠日記の《謎》を読み解く」

※定員50名(先着順。要予約。電話ないしEmailにて大学史資料センターまで) 

本展示及びイベントチラシ(pdf 約610kb)

「ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.