先端数理科学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求等はこちら

学内情報サービス

先端数理科学研究科に関するQ&A

目次

現象数理学専攻で学べること

Q. 私は数学科で主に純粋数学を学んできましたが、現象数理学専攻にふさわしいですか?

A. もしもあなたが身の回りの現象に興味があり、その理解に数学が使える事に興味を感じるのであれば現象数理学専攻はあなたの可能性をひろげるのに最適な専攻でしょう。これまで学んできた純粋数学の知識を武器に、数学が自然・社会の様々な問題を解決する鍵となることを知ることができます。

Q. 数学の基本を全て網羅していないと、応用することは難しいのではと心配です。
A. 現代数学の内容は膨大でその全てを網羅することはおそらく不可能でしょう。一方、現実の社会で役立つ数学の中には大学初年度に習うような基本的なことがらが多いことに気が付きます。現象数理学専攻では、様々な現象を通じて数学がどのように役立つかを学ぶことでより一層数学に深い興味を持つことができます。数学を究める道筋に、応用問題との出会いがあることもしばしばです。また、応用問題に積極的に取り組むことから新たな数学が創造されることは歴史が示しています。

Q. 私は文学部で心理学の勉強をしてきました。現象数理学に大変興味がありますが、数学には自信がありません。
A. 大学一年生で学ぶ基礎的な数学の知識と論理的に考える能力を用いて、社会科学の問題にチャレンジする意気込みがあれば、現象数理学専攻はあなたの可能性をひろげるのに最適な専攻です。たとえば、認知心理学は、錯覚や人間行動の進化と深い関係があります。文学部で得た知識と、本専攻で学ぶことができる数理的手法を組み合わせて、新たな研究を生み出して下さい。

Q. 受験を考えるために、まずは先生と話をしてみたいです。可能ですか?
A. もちろん可能です。各教員のホームページなどを参考とし、連絡先が分からない場合は、お気軽にこちらまでお問い合わせ下さい。また、年間を通して進学相談・見学のお申し込みを受け付けております。詳細については、こちらをご覧ください。

入学試験について

Q. 明治大学の4年生です。学内選考はありますか?
A. 本研究科では、学内選考入試を実施します。詳しくはこちらを参照ください。

Q. 他大学の4年生です。明治大学出身の学生と何か違いはありますか?
A. 一般入試において、本学出身者、他大学出身者の間に有利不利はありません。公平な視点で、入学試験を行います。
 参考までにこれまでの入学者の内、他大学出身者の割合はおおよそ3割で、新しい環境で楽しく学んでいます。博士後期課程には外国人留学生も多く、日常的に英語を使う機会が多いことも本専攻の特徴の一つです。

Q. 博士前期課程の入学試験科目に英語はありますか?
A. 2015年4月以降に実施する入学試験から、英語筆記試験が廃止され、代わりにTOEIC, TOEFL(PBT, iBT)の英語能力検定のスコア結果を提出していただき、それを各専攻が定める換算表で換算した点数で合否判定を行うこととなります。詳細については、こちらのページをご参照ください。

Q. 博士前期課程の過去問題を見ることはできますか?
A. 過去2年分の入学試験問題を、中野キャンパス窓口で閲覧することができます。閲覧を希望される場合は、必ず写真付きの身分証明書を持参して下さい。また、試験問題についてはこちらもご覧ください。

Q. 博士後期課程の入学試験制度はどのようなものですか?
A. 博士後期課程の入学試験はA方式(一般及び外国人留学生入試)、B方式(一般及び外国人留学生入試)の2つの方式により実施します。A方式は研究計画プレゼンテーション及び質疑応答(面接試問)方式によるもの、B方式は研究計画書等に基づく書類選考方式(海外渡日前入学試験)を採用しています。詳細については博士後期課程入学試験概要ページをご覧ください。

社会人の方へ

Q. 私は現在、企業に勤めています。社会人向けの入学試験はどのようなものですか? 夜間授業はありますか?
A. 2017年度入学試験(2016年度実施)より、本研究科における社会人特別入学試験は廃止となりました。社会人の方で受験を希望される方は、一般入学試験を受験してください。
博士前期課程においては、平日の日中帯に開講される必修科目の授業を受けていただく必要がありますが、博士後期課程では在職のまま夜間もしくは週末等に研究指導を受けることもできます。

奨学制度について

Q. 博士前期課程の奨学金制度について教えてください。
A. 授業料の2分の1相当額を給付する「研究奨励奨学金A・B」が給費奨学金として、そして貸費奨学金(返還義務あり)については、日本学生支援機構の第一種(無利子)・第二種(有利子)奨学金制度があり、奨学金貸与希望者のほぼ全員を採用できる充実した奨学制度を備えています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

入学後の学習環境について

Q. 院生の研究スペースはどうなっていますか?
A. 博士前期課程、博士後期課程ともに各学生が専有できる研究スペース(共同研究室)を用意しています。

修了(卒業)後の進路について

Q. 教育職員免許を取得することはできますか?

A. 現象数理学専攻では中学校教諭専修免許状(数学)と、高等学校教諭専修免許状(数学)を取得することができます。
また、先端メディアサイエンス専攻では中学校教諭専修免許状(情報)と、高等学校教諭専修免許状(情報)を取得できるカリキュラムがあります。

Q. 現象数理学専攻を卒業するとどのような職業につくことができますか?
A. 現象数理学を学ぶことで、一見無関係に見える現象どうしの関係性などが見えてきます。これは、社会人として活躍する中で次々と現れる難題に対して多面的な視野をもって立ち向かえる力となります。現象数理学専攻を修了した皆さんには様々な分野で活躍できる人材として社会に巣立って欲しいと願っています。
 具体的な進路例として、システムエンジニア(SE)やネットワーク・エンジニア(NE)等のIT・通信業界、大学や中学・高等学校の教員、企業研究所、アクチュアリーやアナリスト等の金融業界、エネルギー業界、コンサルティング業界、等が挙げられます。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.