高麗大学校文科大学と文学部 学生交流計画についての覚書を締結

2014年11月25日
明治大学

調印式の模様調印式の模様

高麗大学校文科大学と文学部 学生交流計画についての覚書を締結

 明治大学文学部は11月20日、高麗大学校文科大学(韓国)との間で学生交流計画についての学部間協力協定を締結した。
 高麗大学校城北キャンパスで行われた調印式には、林義勝文学部長、佐々木憲一文学部教授が出席。同大学校からは崔徳壽文科大學學長鄭炳浩文科大學教務副學長らが列席した。
 調印後は和やかに懇談が行われる中、今後大学間の交流を深め、有為な人材の創出に努めたいとした上で、双方ともに意欲を見せた。
 今回の協定は、文学部と高麗大学校文科大学がここ7年間、12回にわたり両大学を交互に会場と学術交流を行ってきたことに端を発し、学部間協力協定に進展した。
 高麗大学校は1905年に設立され、100年以上の歴史を誇る韓国の名門私立大学。語学教育面でも高い評価と実績を有し、宿舎面も含め環境が整っており、活発な交流発展が期待される。

「文学部 ニュース一覧 2014年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.