トロント大学生涯学習学部長が表敬訪問

2017年10月30日
明治大学 文学部事務室

マクドナルド生涯学習学部長(中央右),モーガン氏(中央左)および文学部教職員マクドナルド生涯学習学部長(中央右),モーガン氏(中央左)および文学部教職員

 明治大学文学部および国際日本学部は10月26日,トロント大学のモリーン・マクドナルド生涯学習学部長およびリサ・モーガン氏(ELP及びインターナショナル・イニシアティブ ディレクター)の表敬を受け,中野キャンパス・ファカルティラウンジでトロント大学生涯学習学部が提供している英語トレーニングプログラムEnglish Plusおよび今後の学生交流等について意見交換を行いました。明治大学からは,合田正人文学部長,佐々木憲一文学部教授,山脇啓造国際日本学部教授,青谷秀紀文学部准教授が出席しました。

 トロント大学は1827年に創設されたカナダ最大規模の大学で,現在,約80,000人の学生が学んでいます。Times Higher Education が発表したWorld University Rankings 2018では22位にランクインしており,ノーベル賞受賞者や同国首相を輩出するなど,カナダの最高学府として国内外で大変高い評価を受けています。同大学の中でも,英語学習過程はESL(第2言語としての英語)教育を専門として50年以上の経験を持ち,同過程も国際的に高い評価を受けています。

 今回意見交換を行ったEnglish Plus プログラムは特にオーラルコミュニケーションに焦点を当てた構成となっており,参加者のスピーキングやリスニング能力の向上に力を入れています。日常の様々な場面で使える英語をバランスよく学ぶため,どんな目的の人にも自身の語学力を磨き,自信を付け,英語を学ぶ喜びを見つけることができるプログラムです。また,授業後に参加することのできるアクティビティやボランティア活動も大変充実しており,様々な民族や文化が共存する現地の人々との交流を通じてさらに参加者の英語力を磨き上げることが可能です。

 文学部では2016年度より『トロント大学短期語学研修プログラム』としてEnglish Plusプログラムに学生を年2回派遣しており,既に12名の学生が同プログラムを修了しています。10月27日現在,2018年2月に開始する『トロント大学短期語学研修プログラム』の募集を行っており,最大20名の学生をEnglish Plus プログラムに派遣する予定です。(リンク:2017年度春期トロント大学短期語学研修プログラム 募集について

 意見交換ではマクドナルド学部長,モーガン氏よりトロント大学側の留学生受入態勢および明治大学からの留学実績等について丁寧な説明がありました。宿泊についても十分な配慮がなされており,トロント市の気候,治安についてもまったく心配ないとのことでした。文学部生の皆さんは安心してご検討ご応募ください。
  



「文学部 ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.