「駿台史学」総目次(第31号〜第40号)

「駿台史学」総目次(第31号〜第40号)

第31号(1972年9月)特集・村落と共同体
論 説 堀 越 正 行 縄文時代の集落と共同組織—東京湾沿岸地域を例として— 1-29
  小 林 三 郎 土師時代集落把握への小考 30-39
  福 田 和 憲 養老五年下総国葛飾郡大島郷の戸籍をめぐって 40-57
  煎 本 増 夫 五人組と近世村落 58-88
  長 岡 顕 産地形成と村落組織—山形県朝日町摂待におけるホップ集団栽培の事例— 89-127
  阪 東 宏 人民ポーランド農村の若い世代—人民ポーランド形成過程の研究— 128-208
資 料
紹 介
小 川 信 雄 報徳社の発展過程—報徳社年次別設立件数について— 209-220
第32号(1973年3月)
論 説 小 疇 尚 北海道北部の化石周氷河現象 1-22
  安 蒜 政 雄 関東地方における切出形石器を伴う石器文化の様相 23-65
  沢 田 勲 突厥第一王朝の内乱—グミリョフ「ビザンチン史料よりみた第一突厥王朝の大紛争」について— 66-90
  杉 田 英 和 十七世紀モスクワにおける社会状況と都市暴動 91-114
  鈴 木 秀 幸 維新変革期の教育者—東総干潟地方を例に— 115-134
書 評 伊 東 多三郎 明治大学内藤家文書研究会編『譜代藩の研究—譜代内藤藩の藩政と藩領』(八木書店,1972) 135-150
追 悼 遠 藤 元 男 渡辺操さんを偲んで 151-153
第33号(1973年9月)特集・民衆の運動
論 説 飯 島 端 治 維新期における村方騒動の展開—相州高座郡羽鳥村の小作騒動の場合— 1-32
  渡 辺 隆 喜 下野中節社と自由民権運動 33-70
  阪 東 宏 人民ポーランド農村の若い世代(続)—人民ポーランド形成過程の研究— 71-117
研 究
動 向
西 川 素 治 唐末五代の農民闘争—中国における唐末農民戦争の評価をめぐって— 118-135
書 評 内 山 雅 生 里井彦七郎著『近代中国における民衆運動とその思想』(東京大学出版会,1972) 136-142
  長 岡 顕 高度経済成長期における農民運動の形態について—農民組合創立五十周年記念祭実行委員会編『農民組合五十年史』(御茶の水書房,1972)、鈴木文熹・染谷糸子著『地域・農業をめぐる二つの道のたたかい』(労農問題研究会,1973)— 142-151
第34号(1974年3月)
論 説 杉 原 荘 介 弥生式土器と土師式土器との境界 1-26
  吉 武 佳一郎 「初期藩政改革」の歴史的位置—加賀藩改作法の分析を中心に— 27-70
  船 岡 誠 紫衣事件と沢庵宗彰 71-96
  長 島 弘 道 首都圏の農地移動に関する一考察 97-116
  内 河 久 平 宋初福州官荘に関する一考察—佃戸と国家権力との関係をめぐって— 117-134
  糸 曽 義 夫 Lord Herbert of CherberyのDeism—その歴史的意義— 135-154
第35号(1974年9月)岡山俊雄先生古稀記念 地理学特集
    岡山俊雄先生の古稀を祝う 1-2
論 説 石 井 素 介 西ドイツにおける地域政策の展開 3-32
  下 村 彦 一 桜島火山北東山麓の文明・安永両年間の溶岩流形  
  小疇 尚
杉原重夫
清水文健
宇都宮陽二朗
岩田修二
岡沢修一
白馬岳の地形学的研究 33-54
01-086
研 究
ノート
松 田 孝 ロスアンジェルスの工業 55-67
記 録 岡 山 俊 雄 明治大学文学部地理学教室の歩み—文科専門部史学科・地理歴史科時代— 68-80
第36号(1975年3月)
論 説 福 田 榮次郎 山門領近江国富永荘の研究—中世後期における荘園の支配とその様相— 1-40
  中 嶋 敏 蔡京の当十銭と蘇州銭法の獄 41-51
  岡 倉 登 志 タンザニアにおけるマジマジ反乱(1905-1907)—原因・組織とイデオロギー・経過・影響— 52-79
  江波戸 昭
赤坂暢穂
樋口兼久
「納屋工場」の成立と変貌—岡谷市長地地区の場合— 80-102
資 料
紹 介
杉 原 重 夫 三浦半島における更新世後期テフラ示標層と地形面について 103-114
  安 蒜 政 雄 「岩宿報告」についての海外からの論評—ブリュイ氏とボルド氏の考え— 115-122
書 評 高 島 徹 杉原荘介・大塚初重編『土師式土器集成』(東京堂出版,1971-74) 123-125
第37号(1975年9月)
論 説 油 井 大三郎 英米石油協定交渉と中近東 1-48
  海 野 福 寿 遠州報徳主義の成立 49-77
  松 沢 正 綿織物産地における「構造改善事業」の展開—遠州・天竜社を事例として— 78-121
  林 正 和 郭松齢事件と一日本人—守田福松医師の手記「郭ヲ諫メテ」について— 122-141
資 料
紹 介
大 塚 初 重 千葉県岩屋古墳の再検討 142-155
第38号(1976年3月)
論 説 神 澤 勇 一 弥生時代,古墳時代および奈良時代の卜骨・卜甲について 1-25
  馬 場 恵 ニ ミノア文明崩壊に関する「自然災害説」の再検討—アクロティリ遺跡およびザクロス宮殿の発掘をめぐって— 26-66
  重 近 啓 樹 中国古代の山川藪沢 67-99
  石 井 素 介 現代西ドイツ農村の構造変化—ケルン・アーヘン平坦地域ワイデスハイム村の調査から— 100-139
  福 田 榮次郎 江北荘園の在地動向をめぐって 140-165
書 評 小 口 彦 太 堀敏一著『均田制の研究—中国古代国家の土地政策と土地所有制—』(岩波書店,1975) 166-175
  矢 島 國 雄 杉原荘介・戸沢充則著『北海道白滝服部台における細石器文化』(明治大学文学部考古学研究室,1975) 175-178
第39号(1976年9月)特集・農業水利
  高 島 緑 雄 近世的用水秩序の形成過程—近江伊香郡・浅井郡用水の研究— 1-35
  武 藤 ふみ子 唐代敦煌の農田水利規定について 36-79
  伊 藤 憲 子 甲府盆地金川右岸の土地利用と水利形態の変化 80-106
論 説 島 岡 英 輔 プロイセン改革期における軍制改革の一考察—一般兵役義務制施行の問題を中心として— 107-142
書 評 清 水 久 男 大塚初重・小林三郎著『茨城県馬渡における埴輪製作址』(明治大学文学部考古学研究室,1976) 143-149
第40号(1977年3月)
論 説 大 塚 初 重 東国における発生期古墳の様相—とくに関東地方を中心として— 1-35
  山 川 広 司 ピュロス文書にみえる亜麻貢納・貢納免除について 36-59
  小 川 信 雄 昭和恐慌下における「自力更生」と報徳社運動—静岡県小笠郡土方村の場合— 60-91
研 究
ノート
長 沢 秀 常磐炭田における朝鮮人労働者について 92-121
研 究
動 向
内 山 雅 生 華北農村社会研究の成果と課題 122-140
書 評 松 崎 つね子 谷川道雄著『中国中世社会と共同体』(国書刊行会,1976) 141-149

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.