【和泉ボランティアセンター】杉並区在住高齢者との「お茶会」を実施しました

2015年06月19日
明治大学 和泉ボランティアセンター

初めは緊張していた学生も次第に打ち解けました初めは緊張していた学生も次第に打ち解けました

会場の飾りつけをする学生たち会場の飾りつけをする学生たち

大正琴を披露くださる参加者の方大正琴を披露くださる参加者の方

「絵しりとり」のルールを説明する学生「絵しりとり」のルールを説明する学生

2015年6月13日(土)に、今年度1回目のお茶会を、和泉キャンパス近隣にある高齢者施設にて実施しました。このお茶会は、地域包括支援センターとの合同企画として、2012年度より年数回実施していますが、今年度より規模や場所を改め、新しいスタートとなりました。そのため、全体で40人ほどの小規模な会となりましたが、人数が少ない分、非常に密度の濃い時間になりました。

今回、歓談の題材として、テーブルには昔の街や人の写真や、教科書、杉並区の歴史や風景に関する本などを用意しました。本や写真を手に取りながら盛り上がるテーブルもあれば、高齢者の方が大正琴を披露くださったり、戦後70年の節目と絡めて空襲や戦争体験を語る方もいらっしゃったりと、テーブルごとに様々な話題に花が咲き、歓談の時間が過ぎました。

学生による企画「絵しりとり」は、絵を描いてうまくつなげられるかどうか、参加者全員で盛り上がれるか、学生たちは直前まで心配していましたが、予定していた時間を超過するほどのにぎわいでした。

施設の職員の方からは「新しい形での初開催で不安もあったが、盛り上がってよかった」「みんなの姿勢が参加者の皆さんに伝わったと思う」「話の引き出し方がとても上手だった」と嬉しい言葉をかけていただきました。

次回のお茶会は、11月21日(土)に予定しています。今回は、お茶会に初参加の1~2年生が半数以上だったこと、直前に参加希望が多く集まったことなどから、学生も様子が分からない部分が多くあり、一部の学生のみで企画や準備を担いました。今回無事に終了したことで、1年生たちも様子や雰囲気がつかめたので、次回に向けては、全員で協力しながら新たな企画を考えていきたいと思います。

問い合わせ先

和泉ボランティアセンター
TEL:03-5300-1470
E-mail:mvcizumi#meiji.ac.jp(#を@に置き換えて下さい)

「ボランティアセンター ニュース一覧 2015年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.