2018年度 コミュニティ臨床グループスーパービジョン(事例検討会)のお知らせ

開催期間:2018年06月13日~2019年02月13日
明治大学 心理臨床センター

 児童養護施設をはじめとした児童福祉施設,子ども家庭支援センター,幼稚園や保育園の巡回相談,スクールカウンセラーなど,コミュニティを対象とした心理臨床活動に取り組む心理職が増えてきています。しかしながら,その仕事内容や役割,組織の中での動き方,そしてその中での心理面接のあり方など,迷いを感じながら日々臨床に取り組んでいる方も多いのではないでしょうか。

 コミュニティ全体を心理支援の対象とする心理臨床活動では,個人を対象とした心理臨床活動は違った課題が存在します。コンテキスト(文脈)を読む力,その中での個人をとらえる力,組織全体を支援対象としてシステムに介入する視点,集団が抱える課題への対応,そしてチームワークを形成していくスキルやコンサルテーションの技術など,その場に応じた心理支援と技術が必要となります。

 このグループでは,そうしたコミュニティ臨床における心理支援について,事例検討を通して学んでいきます。面接経過を追っていく形式の事例検討ではなく,幅広い活動の経過やプログラムなど,コミュニティの中における心理臨床活動の「事例」を幅広く検討していきます。

また,臨床のスキルアップだけでなく,互いを支え合うネットワーク作りも目的とします。

 コミュニティ臨床を始めたばかりの心理士の方をはじめ,コミュニティ臨床に意欲的に取り組んでいこうとする心理士の方の参加をお待ちしています。


【場所】
明治大学アカデミーコモン7階 心理臨床センター
(東京都千代田区神田駿河台1‐1)  http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

【日時】
第1回   6月13日 (水)18時30分〜20時30分
第2回   8月22日 (水)18時30分〜20時30分
第3回 10月10日 (水)18時30分〜20時30分
第4回 12月12日 (水)18時30分〜20時30分
第5回   2月13日  (水)18時30分〜20時30分

*各回で検討する事例やプログラム,臨床実践を募集します。お申し込み時に,事例提供の希望の有無をお知らせ下さい。事例提供希望者が開催回数に満たない場合,事務局より事例提供のお願いをする場合があります。その場合はお引き受け下さいますようお願い申し上げます。
*原則として,5回を通しての参加とします(不測の事態や若干の欠席はこの限りではありません)。 


【担 当】
◆加藤尚子(明治大学文学部准教授,臨床心理士)
施設臨床における得意領域:コンサルテーション,コミュニティ・アプローチ,アタッチメントの観点からのセラピー,職員支援。
◆塩谷隼平(東洋学園大学人間科学部教授,臨床心理士)
施設臨床における得意領域:グループ・アプローチ,プレイセラピー。

【料金】
 10,800円(全5回,1回2,160円。あらかじめ出席できない日がわかっている場合は減額いたします。初回支払時にお申し出ください。)
 
【お申込み方法】
 5月18日までに,申込書(Wordファイル,PDFファイル)に以下の1~7をご記入の上心理臨床センターにFAX(03−3296−4165)でお申し込み下さい。定員になり次第締め切らせていただきます。
結果は、5月末までに郵送でお知らせします。
1.氏名(フリガナ)  2.E-mailアドレス  3.住所  4.電話  5.FAX  6.所属  7.事例検討の希望の有無




問い合わせ先

明治大学心理臨床センター
TEL:03-3296-4169 FAX:03-3296-4165                                                                                                                     電話受付時間(日曜、祝日をのぞく)10:00~12:00、13:00~17:45                       

「心理臨床センター イベント一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.