2017年度 児童福祉施設職員対象セミナー 「子どもとのアタッチメントを深めるチーム作り」グループワークで学ぶチームのコミュニケーション開催のお知らせ

開催期間:2017年06月10日
明治大学 心理臨床センター

児童養護施設や保育所など,チームで子どもを養育する施設では,子どもとのアタッチメント形成は重要な課題となります。子どもとのアタッチメント形成とともに,複数の職員(チーム)で養育にあたる難しさも存在します。
この研修では,子どもとのアタッチメント形成を促進する職員関係やチームワークの実現を目指して,グループワークを通して,実際に体験をしながら,チームの中でのコミュニケーションの特徴と養育に関する自分の価値観振り返り,検討していきます。

【セミナー内容】
    「子どもとのアタッチメントを深めるチーム作り」 
                                    グループワークで学ぶチームのコミュニケーション
   1  アタッチメントとチーム養育(講義)
   2  グループでのコミュニケーションを考えるワーク
   3  養育の価値観とチームでの養育を考えるコンセンサスゲーム

【日 時】
   2017年6月10日(土曜日)
   10時〜17時(途中1時間の昼食休憩を含みます)

【料 金】 
   4,320円

【場 所】  
    明治大学アカデミーコモン7階 明治大学心理臨床センター 研修室
   (東京都千代田区神田駿河台1-1)  
           http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

【定 員】 
   定員30名(最小催行人数15名)

【対 象】 
   児童福祉施設で働く職員の方

【ファシリテーター・講師】
   加藤尚子(明治大学文学部准教授)

講師紹介:
加藤尚子(明治大学文学部准教授,臨床心理士,コミュニティ福祉学博士 )
立教大学・大学院修了後,区立教育相談室,病院,知的障害児入所施設,児童養護施設の心理職として勤務。1999年より日本社会事業大学の実習講師として,児童養護施設など児童福祉施設の実習を担当する。2011年より,明治大学文学部准教授。現在は,施設における心理支援の方法や職員支援,アタッチメント・トラウマのトリートメントについて研究すると同時に,児童養護施設の心理職/スーパーバイザー,子ども家庭支援センターの虐待対応相談員として現場でも臨床活動を継続している。2012年より,明治大学心理臨床センターにて児童福祉施設職員むけ研修を実施。東京都児童福祉審議会委員,東京都男女平等参画審議会委員,東京都福祉サービス評価推進機構委員。
 著書に「対人援助のためのグループワーク1〜3」(共著),「施設心理士という仕事」(編著),「愛着障害と修復的愛着療法」(翻訳)などがある。

【お申込み方法】
■ 5月26日(金)までに、申込書(WordファイルPDFファイル)に以下の1~7をご記入の上,
  心理臨床センターにFAX(03−3296−4165)でお申し込み下さい。
  定員になり次第締め切らせていただきます。

   1.氏名(フリガナ)  2.E-mailアドレス  3.住所  4.電話  5.FAX  6.所属 
   7.領収書の要/不要と領収書が必要な場合の宛名  
■ グループワークを通して学ぶという講座の性質上,最小催行人数を設定しております。
  最少催行人数に達せず開催を中止する場合は,6月2日(金)までに連絡させていただきます。

問い合わせ先

明治大学心理臨床センター
TEL:03-3296-4169、FAX:03-3296-4165
電話受付時間(日曜、祝日をのぞく):10:00~12:00、13:00~17:45

「心理臨床センター イベント一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.