日程

2017年7月18日(火)~8月2日(水)

対象

大学生・大学院生

定員

40名(各クラス10名程度。最少催行人数に達しないクラスは開講しません。定員以上に受け入れる場合があります。)

プログラム内容

日本語授業(45分×42回)・見学体験(合計7.5時間。4.5時間×1回、3時間×1回)
本プログラム修了者には修了証を発行します。

クラス

  • 「入門」クラス:ひらがな、カタカナを学習し、挨拶など基本的な日本語が理解できるレベル(50時間程度の学習歴)
    ※必ずeラーニング(https://e-edu.muc.meiji.jp/contents/japaneseedu/)により、来日前にひらがな、カタカナ、基本的な挨拶を学習してから参加してください。ひらがなが出来ることを前提に授業を進めます。
  • 「初級」クラス:ひらがな、カタカナの読み書きができ、あいさつなど基本的な日本語が理解できて使える学習者(日本語能力試験N5レベル、初級前半)
  • 「初中級」クラス:初級日本語が理解でき、ほぼ使える学習者(日本語能力試験N4レベル、初級後半)
  • 「中級」クラス:初級が終了し、中級に進んでいる学習者(日本語能力試験N3挑戦レベル)
※日本語能力試験(JLPT):Japanese-Language Proficiency Test
※実際に受講するクラスは、4月中旬頃に受けていただく日本語オンラインテスト結果及び来日後に明治大学で実施するプレースメントテスト結果で決定します。

学生サポーター

明治大学の大学生、大学院生が日本語の授業のサポートや見学・体験の引率などプログラム全体のサポートを行います。同世代の学生との交流の機会はこのプログラムの大きな特徴となっており、過去のプログラムにおいても参加者から非常に好評を得ています。

絵本寄付を通じた被災地支援