海外留学を希望する方へ

10/27(金)開催『ドキュメンタリー映画「あしながおじさん」(英題「Daddy Long Legs」)上映会・篠田伸二監督と本学国際日本学部外国人留学生とのトークセッション』(要申込予約・先着順・入場無料)

開催期間:2017年10月27日
明治大学 国際教育センター

告知チラシ表面告知チラシ表面

告知チラシ裏面告知チラシ裏面

パネリスト 監督 篠田 伸二 氏パネリスト 監督 篠田 伸二 氏

パネリスト 明治大学国際日本学部3年・あしなが育英会奨学生 アイネビヨーナ・ロバート 氏パネリスト 明治大学国際日本学部3年・あしなが育英会奨学生 アイネビヨーナ・ロバート 氏

パネリスト 明治大学副学長(広報担当)  牛尾 奈緒美 氏パネリスト 明治大学副学長(広報担当)  牛尾 奈緒美 氏

和泉図書館ホール和泉図書館ホール

明治大学国際教育センター主催『ドキュメンタリー映画「あしながおじさん」(英題「Daddy Long Legs」)上映会・篠田伸二監督と本学国際日本学部外国人留学生とのトークセッション』を10月27日(金)に開催いたします。

【開催趣旨】
明治大学に在籍する外国人留学生の多様なバックグラウンドを在校生および教職員に対し,アフリカエイズ遺児に関する本上映会・トークセッションを通じて周知し,さらには,明治大学が実施する国連ユースボランティアプログラム(長期海外実習)やソーシャル・イノベーション実習(短期海外実習)への学生参加の動機づけとして実施するものとします。

この映画は,アフリカの若者が先進国の大学で学び,いつか母国に戻って国造りに参加すれば貧困撲滅につながると信じて,教育支援を続ける日本人男性が,世界中から支援を集めるため,ウガンダのエイズ遺児,東北の津波遺児,そして小説「あしながおじさん」の舞台のモデルとなったアメリカの大学コーラス部隊が,ニューヨーク・ブロードウェイでコンサートを開こうとする実話に基づくドキュメンタリー映画です。なお,本編は日本語版となりますので,予めご了承ください。

参加希望の方は,Oh-o!Meijiシステム「アンケート」フォームで別途ご案内いたしますので,予約登録を行ってください。先着順,最大100名を受付けます。なお,定員に達しましたら,締切となりますので,予めご了承ください。なお,本学教職員の申し込みについては,以下「問い合わせ先」記載のE-mailにて予約受付いたします。その際,(1)ご所属/(2)お名前を必ず御記載ください。

■対象者:明治大学学部生・大学院生及び教職員
 (※学外者の申込受付は行っておりませんので予めご了承ください。)
■開催日付:2017年10月27日(金)
■時間:17時10分〜19時00分(16時30分開場)
 ① 上映試写会 17時10分〜18時40分(約90分) ※本編:日本語
 ② トークセッション 18時40分〜19時00分(約20分)
■会場:明治大学和泉キャンパス 図書館1階ホール
■入場料:無料
■申込受付期間:2017年10月6日(金)〜10月25日(水)17:00
■募集人数:先着順100名
 ※なお,定員に達しましたら,締切となりますので,予めご了承ください。
■申込:必要(申込先着順)
 (明治大学Oh-o!Meijiシステムアンケートフォームにて申込受付)
 ※本学教職員の申し込みについては,以下「問い合わせ先」記載のE-mailにて予約受付いたします。
その際,(1)ご所属/(2)お名前を必ず御記載ください。
■主催:明治大学国際教育センター
■協力:あしなが育英会,株式会社2s
■実施運営:株式会社明大サポート
■その他:
 座席の指定はございません。当日会場にてスタッフがご案内いたします。
 当日会場にて,学生証(教職員証)をご提示いただきます。
 当日会場では,写真及び動画撮影が入りますので,予めご了承ください。
■告知チラシ
チラシ表【PDF形式】
チラシ裏【PDF形式】

■ストーリー
今から約100年前、米国で誕生した小説「あしながおじさん。」そこから着想を得て、50年で1000億円を集め、10万人の親を亡くした子供の教育支援を続けてきた日本人がいる。80歳を超えるその男は「人生最後の仕事」を、貧困に喘ぐアフリカにターゲットを据えた。やる気満々のアフリカの若者が先進国の大学で学び、いつの日にか母国に戻って国造りに参加すれば必ずや貧困撲滅に繋がると信じている。だが、そのためには世界中から支援を集めなければならない。そこでとんでもないPR作戦に打って出た。あのミュージカル「レ・ミゼラブル」を創った最高峰の舞台演出家を口説き落とし、NYブロードウェイでコンサートを開こうという。ウガンダのエイズ遺児、東北の津波遺児、その小説のモデルとなったアメリカの大学コーラス部隊、つまり出演するのは全員が素人。しかし、最後はスタンディング・オベーション、感動の幕切れに。登場人物たちが人生に大事なことに気づき、そしてドラマティックに成長していく4年間を追った、圧巻のストーリー。

■トークセッション登壇者紹介
パネリスト
監督 篠田 伸二 氏
略歴:1961年愛知県生まれ。上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。在学中にブラジル・サンパウロの企業でインターン留学生として1年間を過ごした。大学卒業後、TBSテレビ入社。報道・情報番組、ドキュメンタリー番組のディレクター・プロデューサーを長年務め、デジタル戦略、文化事業プロデュース、テレビ番組宣伝、プロ野球の横浜ベイスターズにも出向し、広報部長も務めた。ボランティアで長年関わってきたあしなが育英会会長の要請で、TBS在任中から映画撮影を開始。足かけ4年をかけた当作品を2017年1月に完成させた。現在、株式会社2s(トゥース)を設立、代表取締役。映像制作、舞台演出のほか、地方創生活動も開始している。

パネリスト
明治大学国際日本学部3年・あしなが育英会奨学生
アイネビヨーナ・ロバート 氏
略歴:明治大学国際日本学部3年・あしなが育英会奨学生。1992年生まれ、ウガンダ出身。両親を失い、2003年、あしながウガンダと出会う。以降、生活のため10代の頃から一人で暮らし、働きながら、あしながの活動に参加してきた。あしながウガンダで受けた教育的・心理的サポートにより、「将来、自分と同じような遺児たちを助けたい」との目標を見出し、勉学に励むなかで留学のチャンスを掴み、2015年、明治大学国際日本学部の合格を勝ち取る。現在、大学3年生。大学の授業に加え日本語も猛特訓中。あしなが育英会留学生会(AISA)の会長として活動中。

パネリスト
明治大学副学長(広報担当)  牛尾 奈緒美 氏
略歴:明治大学情報コミュニケーション学部 教授、慶應義塾大学文学部卒業後、フジテレビジョンに入社。アナウンサーとしてニュースや情報番組のキャスターを務める。結婚退社後、専業主婦となるが、一念発起し、慶應義塾大学大学院に進学。MBA取得、出産を経て大学院博士課程を修了し、1998年、公募で明治大学専任講師に採用される。2003年助教授、2009年より現職。専門は経営学、人的資源管理論で、働く女性の能力発揮の問題に取り組む。近著に、『女性リーダーを組織で育てるしくみ—先進企業に学ぶ継続就業・能力発揮の有効策』(中央経済社)、『ラーニング・リーダーシップ入門—ダイバーシティで人と組織を伸ばす』(日経新聞出版社)、『女性の働きかた』(ミネルヴァ書房)がある。

モデレーター
明治大学国際教育センター長 小室 輝久 氏


 

問い合わせ先

明治大学国際教育事務室
株式会社明大サポート内
ドキュメンタリー映画 「あしながおじさん」(英題「Daddy Long Legs」)上映会事務局
東京都千代田神田駿河台1-1 明治大学大学会館地下1階
TEL:03-3518-9556/E-mail:dll@meidai-support.com
(窓口業務取扱時間:月〜金曜日 9時~17時)

「海外留学を希望する方へ イベント一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.