上海対外貿易学院(中国)との調印式を実施,協力協定を締結

2011年02月18日
明治大学

2011年2月17日,上海対外貿易学院(Shanghai Institute of Foreign Trade)の葉興国副院長御一行が本学を訪れて協定書の調印式が行われ,同日付で同学院との協力協定が締結された。本学からは納谷廣美学長,勝悦子副学長らが御一行を歓迎し,調印式を含めて約1時間半にわたる懇談が行われた。

上海対外貿易学院は,中央政府(対外経済貿易省)の直属校として1960年に創設,1994年に上海市政府の管理下へ移管された上海市重点大学の一つである。中国東部沿海地域で唯一の経済貿易大学として,国家の改革開放政策及び上海の発展戦略のニーズに合わせて,国際的なビジネスエリートの育成を主な目的として研究教育を行ってきた。国際ビジネスと外国語教育の分野に実績があり,卒業生は上海で活動する国内外の企業を中心に活躍している。

葉興国副院長(左)葉興国副院長(左)

岸本辰雄ホールを案内する納谷学長岸本辰雄ホールを案内する納谷学長

「国際連携・留学 ニュース一覧 2010年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.