【開催報告】 大使、公使などが続々来訪 欧州留学フェア2014

2014年06月03日
明治大学 国際連携事務室

EU大使(左から3人目)、吉田文科省高等教育局長(同2人目)EU大使(左から3人目)、吉田文科省高等教育局長(同2人目)

レジェ・フランス大使館公使(中央)レジェ・フランス大使館公使(中央)

ワインベルク・ドイツ大使館一等書記官(左から二番目)ワインベルク・ドイツ大使館一等書記官(左から二番目)

イシュトバーン・ハンガリ—大使(右から3番目)イシュトバーン・ハンガリ—大使(右から3番目)

 「欧州留学フェア2014」(主催:駐日欧州連合代表部)が5月16日・17日の2日間、駿河台キャンパスのアカデミーコモンおよびグローバルフロントで開催された。3回目を迎えた同フェアは、欧州14の国と地域から約60の大学や大使館、学術交流機関などが参加し、各種セミナーやプレゼンテーションもなされる最大の規模のものとなった。
 
 今年は新たにオーストリア、リトアニア、オランダの3加盟国も参加し、2日間で約1500人が来訪し、過去最大の来場者数となった。
 前日の15日には駐日欧州連合代表部主催のレセプションが開催され、駐日欧州連合代表部シュヴァイスグート大使が訪問され、文部科学省吉田高等教育局長も来訪された。初日となる16日の午後には、勝悦子副学長(国際交流担当)が、次々に訪れた各国の駐日大使館(3カ国)の視察に立ち会い、会場内を紹介して回った。視察に訪れた駐日ドイツ大使館のヨナタン・ワインベルク一等書記官(文化担当)、駐日フランス大使館のフランソワ=グザヴィエ・レジェ公使、駐日ハンガリー大使館のセルダヘイ・イシュトヴァーン大使は、同フェアへの期待を高く示し、各国ブースの関係者や学生と交流した。

 ドイツ、フランス、ハンガリーとも多くのブースを出展し、終日多くの学生を集めていた。来訪された3カ国は、協定を結んでいる大学も多く、学生交流も活発である。明治大学は今後も欧州各国の大学との連携を強めていく。


「国際連携・留学 ニュース一覧 2014年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.