【日本語教育センター】 日本語短期研修プログラム(夏期)を実施しました/[Japanese Language Education Center] Meiji University Japanese Language Program Summer 2018 Held

2018年08月08日
明治大学 国際教育事務室

茶道体験茶道体験

着物着付け体験着物着付け体験

修了式修了式

明治大学日本語教育センターでは、2018年7月18日から8月1日までの15日間の日程で「日本語短期研修プログラム(夏期)<Meiji University Japanese Language Program Summer 2018>」を実施しました。17回目を迎えた今回は、20か国から53名の留学生が集まり、短期間でありながらも非常に充実した研修を行うことができました。
 
本プログラムは、「日本語授業」及び「日本文化体験」で構成されています。
 
「日本語授業」においては,研修初日に日本語の試験と面接を元に、日本語を初めて学ぶ「入門」レベルから、日本語を主専攻としている学生を中心とした「中級」までの4クラスを編成しました。授業では教科書を用いて、文型や表現を学ぶとともに、口頭表現能力の向上を重視した活動を行い、参加留学生はそれぞれの習熟度に応じて日本語を学習することができました。52時間の日本語集中講義を受け、最終日に日本語スピーチをやりとげた参加者たちは、自らの日本語の伸びを実感できたようです。
日本文化体験では、茶道体験・着物着付け体験を通して、日本文化への理解や興味を深めました。
 
また、本プログラムでは、明治大学の学生が「学生サポーター」として、参加留学生を全面的にサポートしています。今回のプログラムにおいても、日本語授業や日本文化体験でのサポートの他、学生サポーターが参加留学生と日常的な交流を持つことで、参加留学生は「生きた日本語」を学ぶことができました。学生サポーターが主体となって企画した鎌倉への日帰り旅行、花火大会鑑賞等により、参加留学生は多くの思い出を作りました。
 
また、例年「福島のこどもに絵本を贈ろう」プロジェクトを実施し、来日前にプログラム参加者に各国言語で書かれた絵本の持参を呼びかけています。集まった絵本は持参してくれた学生の写真とメッセージカードを添えて、郡山市の保育園へ寄贈をしています。今回のプログラムでも、多くの学生がそれぞれの国から絵本を持参してくれました。
 
短期間であっても「日本で日本語を学びたい」と考える学生のために開かれているこのプログラムは、学んだ日本語を自らの体験の中で実際に使うことに重きを置いています。今後も体験と結びついた、日本語習得に効果的なプログラムとなるよう、内容をより充実したものにしていきます。

Meiji University Japanese Language Education Center offered the Meiji University Japanese Language Program Summer 2018 over a 15-day schedule from July 18 to August 1. This marked the 17th time the program has been held, and on this occasion, 53 students gathered from 20 countries. The program provided fulfilling and productive training in an international atmosphere, despite the short period of time.

The program comprises of Japanese language classes and field studies/activities. In the Japanese language classes, participants learned “living” Japanese depending on their levels while the field studies/activities saw participants experience Tea Ceremony Lecture in addition to the Kimono Dressing experience, which is always a popular activity, enabling them to learn Japanese culture while having fun.

Additionally, there is a system in place in this program where Meiji University Japanese student supporters to fully back up the participants. On this occasion also, an environment was provided for participants to engage in exchange with Japanese students while using “living” Japanese, through their participation in Japanese Language Classes, taking the lead in field studies/activities, and life advice. Excursion to Kamakura and Fireworks Viewing were also arranged by the supporters, facilitating natural exchange between the students.

Although it is brief in duration, this program held for individuals who wish to visit Japan and learn Japanese places an importance on putting the Japanese learned to actual use in one’s own personal experiences. Going forward, we will continue to further enhance course content to make the program even more effective at experience-linked Japanese language acquisition. 
 

「国際連携・留学 ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.