シンポジウム「日本におけるギャップイヤーの可能性」開催のお知らせ

開催期間:2012年06月04日
明治大学 国際教育研究所

*当シンポジウムは終了いたしました。結果報告はこちらをご覧ください。
 

The Future of Gap Years in Japan: Learning from Overseas Experiences
シンポジウム「日本におけるギャップイヤーの可能性」

 近年のグローバル人材のニーズの高まりから、日本の若者が海外での修学や就職経験を得るひとつの手段としてギャップイヤーが注目されています。日本国内でも複数の大学が、大学合格から入学までの間に6か月間の「ギャップ(「すき間」の意)」期間が生じる秋入学制度への移行を検討しており、従来以上に、ギャップイヤーに対する関心が高まっています。

 本シンポジウムでは、日英から関係者をお招きし、英国および諸外国におけるギャップイヤーの基本情報を提供するとともに、日本でギャップイヤーが導入された場合に生じる機会や課題について話しあいます。学生、大学、産業界などの幅広い視点から意見交換を行い、日本で機能するモデルを探ります。

             日時:    2012年6月4日(金)午後2時00分~午後5時00分
             会場:    明治大学 アカデミーコモン2階
             主催:    明治大学国際教育研究所、ブリティッシュ・カウンシル
             共催:    株式会社エスティーエートラベル、明治大学国際連携本部
             協力:    一般社団法人日本ギャップイヤー推進機構協会(JGAP)
             言語:   日本語・英語(同時通訳あり)
             参加費:  無料
             定員:        200名
             参加方法:シンポジウム当日、会場受付にてご登録下さい。

             

問い合わせ先

ブリティッシュ・カウンシル教育推進・連携部
E-mail:ihe@britishcouncil.or.jp

「イベント一覧2012年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.