スタッフセミナー(バックナンバー)

The Implications of the Trump Presidency for the Post-War International Order/トランプ政権の外交政策と国際秩序

講師:

David Goldfischer(米国/デンバー大学准教授)

日時:

2017年4月10日(月)15:20~17:00

場所:

駿河台キャンパス グローバルフロント 4021教室

言語:

英語

セミナー推進者:

政治経済学部 伊藤 剛

講演内容紹介:

 今年1月に発足した米国トランプ政権においては、環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱のほか、イスラム7カ国からの米国入国禁止およびメキシコとの国境に壁を建設する大統領令を発出するなど、国際社会に物議を醸す政策を次々と打ち出している。その一方で、日本との間では、トランプ大統領が選挙期間中に述べていた在日米軍撤退などは影を潜め、2月の日米首脳会議において、尖閣諸島をはじめ日本の安全保障に対する米国の関与が改めて確認されるなど、現実的な外交政策が展開されている。こうした状況の中、今後のトランプ政権の外交政策はどうなるのか、また変化が激しい現在の国際秩序をどのようにしていくつもりなのかについては、世界中が注目している。
 本講演がカバーする地域はアジア太平洋のみならず、中東、ヨーロッパ、南米等広く網羅する予定である。これほど政治任命が行き届かないトランプ政権において、自らの意思をどのようにして外交政策スタッフに浸透させていくのかについても言及される予定であり、その意味で「内政と外交のリンケージ」に関する分析も披露してもらう。

セミナー実施報告:

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.