スタッフセミナー(バックナンバー)

イングランドにおける中等教育と労働党~歴史的観点から ~Secondary Education and the Labour Party in England~Historical Perspectives~

講師:

Dr. David Crook(デイビット・クルック)(Institute of Education, University of London, Head of Department and Senior Lecturer)

日時:

9月25日(木)18:00~19:30 

場所:

駿河台校舎研究棟4階第一会議室教室 

言語:

英語(通訳あり) 

セミナー推進者:

高野 和子 明治大学文学部教授 

講演概要:

「すべてのものに中等教育を」のスローガンで中等教育学校のコンプリヘンシブ化を推進してきたイギリス労働党は、「ニュー・レイバー」を称して以降、市場競争と公・私セクター間のパートナーシップを奉じた「ポスト・コンプリヘンシヴ」時代の政策へとシフトしている。労働党の中等教育政策を歴史的に再検討する講演である。 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.