池谷 信之

池谷

1959年静岡県韮山町生まれ。1983年3月明治大学博士前期課程修了。2008年3月明治大学にて博士号(史学)取得。1987年4月より沼津市教育委員会文化振興課(文化財センター)に学芸員として勤務、2016年3月退職。2013年より国立科学博物館(リーダー海部陽介)が主催する『三万年前の航海徹底再現プロジェクト』のメンバー。主幹(学芸員)。1994年に黒曜石原産地の「全点分析」を提唱し、大量の原産地データから先史社会の構造的変化に迫る試みを続けている。2003年に自宅に蛍光X線分析装置を設置し、最近では土器の胎土分析も手がけている。主な著書に、『黒潮を渡った黒曜石 見高段間遺跡』(新泉社),『縄文/弥生移行期の黒曜石研究Ⅰ・Ⅱ』(自費出版),『黒曜石考古学』(新泉社)。2010年より明治大学黒耀石研究センター員。

研究業績

■ 表彰歴
2006年 尖石縄文文化賞(長野県茅野市/後援 信濃毎日新聞社・(財)信毎文化事業財団)
2010年 静岡県文化奨励賞(静岡県)
2011年 日本考古学協会賞大賞(日本考古学協会)
2012年 日本文化財科学会第6回奨励論文賞(日本文化財科学会)
2015年 第3回日本旧石器学会学会賞(日本旧石器学会)
■非常勤講師・集中講義出講
東海大学海洋学部,南山大学人文学部,早稲田大学文学部,筑波大学人文・文化学群
■科学研究費補助金
平成24年~27年度 科学研究費・基盤研究(C)「先史土器の越境的移動の蛍光X線分析による判別とその応用」課題番号24520867
平成28年~30年度 科学研究費・基盤研究(C)「神津島産黒曜石が示す後期旧石器時代初頭の海洋適応と現生人類の行動能力」課題番号16K03165
■ 著書
2005年 『黒潮を渡った黒曜石 見高段間遺跡』 新泉社 93頁 単著
2006年 『縄文/弥生文化移行期の黒曜石研究Ⅰ』 自費出版 134頁 共著
2007年 『縄文/弥生文化移行期の黒曜石研究Ⅱ』 自費出版 166頁 共著
2009年 『黒曜石考古学』 新泉社 306頁 単著
■ 主要報告書(単著および編著)
1996年『柏葉尾遺跡発掘調査報告書』沼津市文化財調査報告第61集 108頁
1997年『土手上遺跡(d・e区-1)発掘調査報告書』沼津市文化財調査報告第63集 141頁
1998年『土手上遺跡(d・e区-2)発掘調査報告書』沼津市文化財調査報告第64集 270頁
2001年『葛原第Ⅳ遺跡(a・b区)遺跡発掘調査報告書』沼津市文化財調査報告第77集 353頁
2002年『西洞遺跡(c・d区)発掘調査報告書』沼津市文化財調査報告第78集 223頁
2008年『尾壱遺跡発掘調査報告書』沼津市文化財調査報告第94集 316頁
■ 論文
1988「東北地方における縄文時代中期末葉土器の変遷と後期土器の成立」沼津市博物館紀要12号69頁~112頁(単著)
1990「綱取・堀之内型注口土器」縄文時代1号75~104頁(単著)
1994「愛鷹・箱根山麓の縄文中期集落と石器保有」『向坂鋼二先生還暦記念論集地域と考古学』115~132頁(単著)
1994「遺跡内における黒曜石製石器の原産地別分布について-沼津市土手上遺跡BBⅤ層の原産地推定から-」静岡県考古学研究26号1~24頁(共著)
1996「愛鷹・箱根山麓の縄文時代草創期の遺物」『静岡県考古学会シンポジウムⅨ愛鷹・箱根山麓の旧石器時代編年収録集』123~189頁(単著)
1998「愛鷹山麓における石材組成の変遷」静岡県考古学研究30号21~44頁(共著)
1999「黒曜石石材研究-原産地推定から石器への道すじ-」石器文化研究7号249~256号(単著)
2000「縄文時代の単位長「尺」」『大塚初重先生頌寿記念考古学論集』549~573頁(単著)
2001「静岡県における縄文時代集落の諸様相」『第1回研究集会基礎資料集列島における縄文時代集落の諸様相』縄文時代文化研究会431~449頁(共著)
2001「黒曜石原産地と石材の搬入・搬出-丘の公園第2遺跡の原産地推定から-」山梨県立考古博物館・山梨県埋蔵文化財センター研究紀要17号29~40頁(共著)
2003「本州島中部の様相-東海地方の隆帯文土器と列島南岸-」季刊考古学83号55~58頁(単著)
2003「石材管理と石器製作-山梨県天神堂遺跡の黒曜石原産地推定と原産地クラスターの抽出から-」帝京大学山梨文化財研究所研究報告11集167~204頁 (共著)
2003「伊豆・箱根黒曜石原産地の産状と成因」黒曜石文化研究2号23~35頁(単著)
2003「潜水と採掘,あるいは海を渡る黒曜石と山を越える黒曜石」黒曜石文化研究2号125~144頁(単著)
2004 「細石器文化と海上渡航」『シンポジウム日本の細石器文化Ⅲ-細石器文化研究の諸問題』 八ヶ岳旧石器研究グループ66~73頁(単著)
2005「旧石器時代の神津島黒曜石と海上渡航」考古学ジャーナル№525 12頁~14頁 (共著)
2005「見高段間遺跡出土黒曜石の原産地推定と神津島黒曜石の流通」 縄文時代16号79~94頁(単著)
2005「海の黒曜石から山の黒曜石へ-見高段間遺跡の消長と黒曜石交易-」考古学研究52巻3号12~28頁(単著)
2006「東海地方」 公開シンポジウム『縄文化のプロセス』予稿集(単著)
2006「環中部高地南東域における黒曜石流通と原産地開発」黒曜石文化研究4号161~171頁(単著)
2006「アカホヤ火山灰下の共生と相克」 伊勢湾考古20号77~104号 (共著)
2007「石器製作と土器製作の転換点-東海地方を中心として-」公開シンポジウム『縄文文化の成立-草創期から早期へ』予稿集78~92頁(単著)
2007「黒曜石の供給」『縄文時代の考古学6 ものづくり 道具製作の技術と組織』同成社155~163頁(単著)
2008「常総台地出土黒曜石製石器の原産地推定結果について」千葉縄文研究2号69頁~91頁(単著)
2008「第6章東海地方-集団管理から世帯管理へ-」『縄文文化の構造変動』六一書房116~134頁(単著)
2009「ココマ遺跡出土の弥生土器と黒曜石製石器の産地推定」『東京都三宅島ココマ遺跡発掘調査報告書』島の考古学研究会調査研究報告書1 51~63頁(共著)
2009「黒耀石製石器の産地推定」『諏訪湖底曽根遺跡研究100年の記録』曽根遺跡研究会234頁~258頁(単著)
2009「旧石器時代における陥穴猟と石材獲得・石器製作行動-愛鷹・箱根山麓BBⅢ層期を中心として-」駿台史学135号71~90頁(単著)
2009「蛍光X線分析法による縄文土器のフォッサマグナ東西の判別-東海地方および南関東地方の事例から-」『地域と学史の考古学』杉山博久先生古希記念論集刊行会41~64頁(共著)
2010「縄文/弥生文化移行期における神津島黒曜石のもうひとつの流通-神津島砂崎黒曜石の動き-」考古学と自然科学60号13~24頁(共著)
2010「内田貝塚出土赤色顔料着色土器の蛍光X線分析」『内田貝塚(Ⅱ)・若宮遺跡(Ⅲ)』豊橋市埋蔵文化財調査報告書110集174~178頁(単著)
2010「千葉県市原市西広貝塚出土の黒曜石の産地推定」千葉縄文研究4号1~19頁(共著)
2010「磐田市西貝塚の調査と黒曜石の産地推定」静岡県考古学研究41・42号25~34頁(共著)
2011「坊田遺跡出土弥生土器の胎土と産地」『東京都三宅島坊田遺跡発掘調査報告書』島の考古学研究会調査研究報告書2 41~51頁(共著)
2011「大松遺跡出土石器の黒曜石産地推定」『柏北部東地区埋蔵文化財発掘調査報告書4 -柏市大松遺跡- 縄文時代以降編1』 千葉県教育振興財団調査報告書第666集 442頁-450頁 (単著)
2012 「蛍光X線分析による縄文土器の産地推定-フォッサマグナ西縁をはさんだ縄文前期初頭土器の移動と変容-」『尖石縄文考古館10周年記念論文集』茅野市尖石考古館30頁~40頁(単著)
2012 「黒曜石が結ぶ海と山」 尖石縄文文化賞制定10周年記念尖石縄文ゼミナール『縄文時代研究の諸問題』茅野市尖石考古館
2012 「東海地方における‘非神子柴的世界’」 『縄文草創期シンポジウム2012-起源論を超えて-』 東海縄文研究会・物質文化研究会 pp.24-32
2013 「黒曜石は誰のものか -石材管理からみる旧石器から縄文-」 リバティーアカデミーブックレット20 『黒曜石をめぐるヒトと資源利用PART2 第2回明治大学黒耀石研究センター公開講座』 明治大学リバティーアカデミー (単著)
2013 「治部坂遺跡出土石器の黒曜石原産地推定」 『長野県下伊那郡阿智村治部坂遺跡の発掘記録』 愛知学院大学考古学発掘調査報告15 52-57頁 (単著)
2013 「駒形遺跡出土石器黒曜石の原産地推定」 『柏北部東地区埋蔵文化財発掘調査報告書5 -柏市駒形遺跡- 縄文時代以降編2』 千葉県教育振興財団調査報告書第691集 338頁-343頁 (単著)
2013 「黒曜石の産地分析」 『市原市天神台遺跡Ⅰ(本文篇2)』 市原市埋蔵文化財センター調査報告書25集 1325頁-1331
2013 「霧ヶ峰地域における黒曜石原産地の踏査報告 -下諏訪町和田峠西と長和町土屋橋東-」 環境史と人類 3 77頁-94頁 明治大学黒耀石研究センター (共著)
2014 「小美玉市石川西遺跡における旧石器時代~縄文時代の石器石材研究 -常総地域中央部における神津島産黒曜石の利用実態の中心に-」 小美玉市史料館報8 99頁-107頁 (共著)
2014 「神奈川県長津田遺跡群宮之前南遺跡出土黒曜石の産地推定」 『岩宿フォーラム2014/シンポジウム 石器の変遷と時代の変革 -旧石器から縄文石器へ- 予稿集』 114頁-117頁 (共著)
2014 「桐ヶ丘遺跡出土黒曜石製石器の産地推定」 『桐ヶ丘遺跡-都営桐ヶ丘二丁目団地(GNO2街区)に係わる調査-』東京都埋蔵文化財センター調査報告296 254頁-266頁 (単著)
2014 「安城市内遺跡出土石器の黒曜石産地推定」 安城市歴史博物館研究紀要20 85頁-89頁 (共著)
2014 「西側遺跡出土石器の黒曜石原産地推定」 『眼鏡下池北遺跡(Ⅶ)・東側遺跡(Ⅲ)・西側遺跡(Ⅸ)・洗島遺跡(Ⅴ)-牛川西部土地区画整理事業に伴う埋蔵文化財調査報告書』 123頁-125頁 豊橋市教育委員会 (単著)
2015 「島根県隠岐諸島黒曜石原産地の調査報告」 島根考古学会誌32 3頁-24頁 (共著)
2015 「沼津市三枚橋城跡の歴史的評価 -本丸石垣と瓦の分析から-」 織豊城郭研究15 257頁-278頁 (共著)
2015 「ジャコッパラ№22遺跡他の黒曜石産地推定」 『市内遺跡発掘調査報告書(平成26年度) -長野県諏訪市内遺跡発掘調査報告書-』 20頁-25頁 諏訪市教育委員会
2015 「須恵器/灰釉陶器移行期における粘土の選択性について -黒笹40・89号窯跡の胎土分析にもとづいて-」 季刊古代文化67-2号 22頁-33頁 (単著)
2016 「中原遺跡出土水平口縁甕の蛍光X線分析による製作地の推定」 『中原遺跡発掘調査報告書 第2分冊』 沼津市文化財調査報告書113 247頁-248頁 (単著)
2016 「第二曲輪SH7遺構出土かわらけの製作地」 『国史跡長浜城跡 整備事業報告書 総合調査編』 沼津市文化財調査報告書114 103頁-106頁 (単著)
2017 「沼津市中原遺跡出土のガラス小玉鋳型の蛍光X線分析」 沼津市博物館紀要41 19頁-30頁 (共著)
2017 「伊豆南東海岸に形成された神津島産黒曜石の中継地的遺跡 -その縄文時代における継続時期をめぐって-」 長野県考古学会誌 154 81頁-90頁 (単著)
2017 「下田市女郎山遺跡出土の神津島産黒曜石原石」 『東海縄文論集Ⅱ』 68頁-70頁 (単著)
2017 「伊豆の国市湯ヶ洞山遺跡出土石器の編年的位置と黒曜石産地」 安蒜政雄先生古希記念論文集 『旧石器時代の智恵と技術の考古学』 282頁-295頁 (単著)
2017 旧石器時代の神津島産黒曜石と現生人類の海上渡航 『理論考古学の実践』Ⅱ実践編 安斎正人編27頁-54頁 同成社 (単著)
2017 「町屋遺跡出土の水平口縁甕と製塩土器の蛍光X線分析」 『町屋遺跡 -清水富士宮線建設に伴う発掘調査報告書』 192頁-195頁 静岡市教育委員会 (単著)
2017 「町屋遺跡出土黒曜石製石器の原産地推定」 『町屋遺跡 -清水富士宮線建設に伴う発掘調査報告書』 196頁-199頁 静岡市教育委員会 (単著)
■国内学会発表・講座等(主なもの)
「愛鷹山麓AT以下黒曜石製石器の原産地-土手上遺跡環状ブロック群出土石器の原産地推定-」『日本考古学協会第60回総会研究発表会』東京学芸大学1994年5月15日
「駿豆地方縄文時代草創期の居住地について-葛原第Ⅳ遺跡の住居址と配石遺構から-」『日本考古学協会第61回総会研究発表会』東海大学1995年5月21日
「縄文時代草創期住居跡の規画性-縄文時代の単位長『尺』の起源について」『日本考古学協会第64回総会研究発表会』青山学院大学1998年5月24日
「土器容量の測定-汎用三次元CADを用いた測定法について-」『日本考古学協会第65回総会研究発表会』群馬大学1999年5月23日
「黒曜石の分布圏とその変動について」『第2回考古学研究会東海例会-東海地域の地域性を考える』静岡大学2004年2月7日
「Circulation of Obsidian and its Quarry Development in the Southeast Area of Pan-Central Highland」『International Workshop Meiji University Session, Obsidian and Its Use in Stone Age of East Asia 』明治大学黒耀石研究センター2004年9月
「黒曜石が明らかにする人の移動と交易-2万9千年前の環状のムラ、その成り立ちから-」『財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所設立20周年記念公開シンポジウム愛鷹山をかけめぐった旧石器人』三島市民文化会館2004年12月12日
「Co-presence and competition among local groups at the time of Akahoya volcanic ash fall」『World Archaeological Congress Inter- Congress:Osaka,2006 Coexistence in the past-Dialogues in the present 』大阪歴史博物館2006年1月14日
「縄文的石器製作体系の解体-関東南部~東海東部を中心として-」『日本考古学協会第73回総会研究発表会』明治大学2007年5月27日
「東海東部における入海式の搬入と模倣・地方型式化について」『東海縄文研究会第5回研究会』知多歴史民俗博物館2008年1月14日
「茨城県ひたちなか市後野遺跡の研究-A地区出土黒耀石製剥片について-」『日本考古学協会第74回総会研究会』東海大学2008年5月25日
「黒曜石製石器製作の終焉と採掘活動-東海東部~関東南西部を中心として-」『第11回考古学研究会東海例会-東海地方における縄文時代後・晩期の諸相』静岡大学静岡キャンパス2008年8月3日
「東海地方におけるアカホヤ火山灰の影響と集団移動」『(株)加速器分析研究所第3回年代測定と日本文化研究』福島県文化財センター白河館 2008年9月21日
「産地推定にもとづく考古学的事象の解釈とその展開」『信州黒曜石フォーラム2009-黒曜石の研究はどこまで進んだか-』岡谷市生涯学習館2009年11月15日
「黒曜石がむすぶ海と山」『宮坂英弌記念尖石縄文文化賞制定10周年記念尖石縄文考古館縄文ゼミナール⑦』2010年1月24日
「旧石器時代における陥穴猟と石材獲得について」『日本旧石器学会第8回講演・研究・シンポジウム』明治大学2010年6月26日
「土器の越境的移動と胎土分析」『平成23年度茅野市尖石縄文考古館縄文ゼミナール①』2011年6月18日
「縄文時代における黒曜石の利用と展開 -常総地域を中心とする黒曜石供給地の変遷-」 シンポジウムⅠ「石器時代における石材利用の地域相」, 日本考古学協会2011年度大会, 國學院大學栃木学園教育センター2011年10月16日
「三次元測定装置を用いた石器表面のキズの抽出とその解釈」 日本旧石器学会第11 講演・研究発表シンポジウム, 東海大学湘南キャンパス2013年6月15日
「神津島産黒曜石と海峡往還」 セッション2「日本列島における現生人類(Homo sapiens)の出現研究の最前線」, 日本考古学協会第81回総会研究発表, 帝京大学, 2015年5月23日
「後期旧石器時代初頭における神津島産黒曜石の海上運搬」 『第69回(2015年)日本人類学会大会, シンポジウム2, 日本列島における後期旧石器時代研究の最前線』, 日本人類学会, 産業技術総合研究所 臨海副都心センター2015年10月11日
「3万年前の航海徹底再現プロジェクトメンバーが語る 旧石器時代もう一つの大航海 神津島産黒曜石を求めて」SBS学苑特別講座, SBS学苑パルシェ校・SBS学苑浜松校2016年10月29日
「旧石器時代の海洋渡航」 平成28年度神奈川県教育委員会文化財保護行政担当者研修会(学術研修Ⅰ)・発掘担当者研修会(学術研修), 川崎市民ミュージアム2017年1月11日
「人類史上最古の遠距離航海と土木工事 -神津島産黒曜石と陥穴猟-」静岡大学公開講座in沼津 『ふじのくにのホモサピエンス -3万5千年前の遺跡から現代人的行動を探る-』, プラザヴェルデ沼津2017年6月24日
■ 短文・エッセイ等
1998「古代からの情報発信-水平線に黒曜石を求めて-」自動車技術会関東支部報〈高翔〉30号
2002「静岡県窪A遺跡-冨士を仰ぐ初期定住のムラ-」『縄文ランドスケープ』小林達夫編 有朋書院 
2002「縄文のもう一つの舟」季刊リトルワールド84
2008「蛍光X線分析法の最近の話題について」日本旧石器学会ニュースレター9号
■ 蛍光X線分析法による黒曜石産地推定実績
静岡県 見高段間遺跡・大鹿窪遺跡・姫宮遺跡・星の糞遺跡・高見丘遺跡・北山遺跡・乾草峠遺跡・井出丸山遺跡ほか
神奈川県 平沢同明遺跡・田名向原遺跡・砂田台遺跡・中里遺跡・橋本遺跡ほか
東京都 下高洞遺跡・田原遺跡・大里東遺跡・島下遺跡・ケッケイ山遺跡・武蔵台遺跡・桐ヶ丘遺跡ほか
埼玉県 打越遺跡
群馬県 五目牛新田遺跡
茨城県 宮前遺跡・前谷東遺跡・前谷西遺跡・後野遺跡
千葉県 並塚東遺跡・下ヶ戸宮前遺跡・西広貝塚・祇園原貝塚・天神台遺跡・武士遺跡・泉遺跡ほか
山梨県 菖蒲池遺跡・油田遺跡・横堀遺跡
長野県 治部坂遺跡
以上、現在までに約15,000点の黒曜石製石器を産地推定した。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.