眞島 英壽

眞島

明治大学研究・知財戦略機構 特任講師
特別課題研究ユニット「人-資源環境系研究プロジェクト」研究代表者

履歴

1968年 佐賀県生まれ
1987年 九州大学理学部地質学科入学
1991年 九州大学大学院理学研究科修士課程進学(地質学専攻)
1993年 九州大学大学院理学研究科博士課程進学(地質学専攻)
1998年 同上修了(理学博士)
1998年 九州大学大学院研究生
2002年 熊本大学大学院研究生
2004年 核燃料サイクル開発機構博士研究員
2005年 日本原子力研究開発機構産学連携研究員
2008年 九州大学中央分析研究センター学術研究員(特任助教)
2009年 (株)新建材研究センター主任研究員
2010年 カーボンファイバーリサイクル工業(株)研究員
2012年 早稲田佐賀高等学校専任教諭
2014年 明治大学研究・知財戦略機構特任講師

研究業績

■研究課題
地質黒曜石データベースの再構築
遺物黒曜石非破壊分析法のオープン化
プレート内玄武岩の成因,テクトニクス,ジオダイナミックス
■所属学会
日本地質学会
日本火山学会
日本地球惑星科学連合
American Geophysical Union 
■受賞
2007年7月JAEA大学等との研究協力制度に係わる平成19年度研究成果報告会(優秀研究) 
■競争獲得資金等
【学外】
1. 平成23年度三菱UFJ技術育成財団研究開発助成「炭素繊維複合材のリサイクル事業」カーボンファイバーリサイクル工業(株)
2. 平成22年度NOBUNAGA21ニュービジネスプラン助成金「炭素繊維複合材のリサイクル事業」カーボンファイバーリサイクル工業(株
3. 平成22年度経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業「再生炭素繊維不織布の開発」(株)オーツカ、カーボンファイバーリサイクル工業(株)、岐阜県産業技術センターの連名受諾
4. 平成22年度NEDO省エネルギー革新技術開発事業/先導研究「リサイクル炭素繊維の低コスト省エネ再生技術の研究開発」岐阜大学、カーボンファイバーリサイクル工業(株)の連名受諾(総額138,998,800円)
5. 平成21年度NEDOエコイノベーション事業「アスベスト含有廃棄物の無害化・再資源化のための調査研究」(株)トッププランニングJAPAN、(株)新建材研究センター、九州大学の連名受諾

【学内】
1. 2017年 明治大学研究・知財戦略機構新領域創成型研究「黒曜石を鍵とした先史人類動態解明」
2. 2017年 明治大学国際連携本部国際交流基金事業アポイントメントプログラム(フィリピン大学Pawlik教授を招聘)
■論文
査読付き論文
1. Mashima, H. 2016, XRF analyses of major and trace elements in silicate rocks calibrated with synthetic standard samples. Natural Resource Environment and Humans, 6, 39-51.
2. Mashima, H. 2009. Genesis of high-magnesium andesites and associated basalts from Sa-ga-Futagoyama, northwest Kyushu, southwest Japan. Journal of Volcanology and Geothermal Research, 187, 106-116.
3. Mashima, H. 2009. A melting anomaly in Northwest Kyushu, Southwest Japan: A consequence of the tectonic evolution of NW Kyushu and the origin of a pseudo hot spot in a convergent zone. Journal of Volcanology and Geothermal Research, 186, 195-296.
4. Mashima, H. 2009. The basalt-high magnesium andesite association formed by multi-stage partial melting of a heterogeneous source mantle: Evidence from Hirado-Seto, Northwest Kyushu, Southwest Japan. Lithos, 112, 351-366.
5. 眞島英壽 2008. 新正裕尚ほか著"紀伊半島中新世珪長質火成岩類の全岩組成の広域変化"[地質学雑誌,113, 310-325]への討論. 地質学雑誌, 114, 382-383.
6. 野原壯・梅田浩司・笹尾英嗣・花室孝広・齋藤龍郎・安江健一・丹羽正和・眞島英壽・島田耕史・山田国見・二ノ宮淳・根木健之・田力正好・鎌滝孝信・草野友宏・中司昇 2008. JAEA Research 2008-062, 20-37.
7. Mashima, H. 2007. Comment on "Evolution of the eastern margin of Korea: Constraints on the opening of the East Sea (Japan Sea)" by Kim H.J. et al. [Tectonophysics 436 (2007) 37-55]. Tectonophysics, 455, 104-105.
8. Mashima, H. 2007. Comments on “Tomographic evidence for the mantle upwelling beneath southwestern Japan and its implications for arc magmatism” by J. Nakajima and A. Hasegawa [Earth Planet. Sci. Lett., 254 (2007), 90-105.]. Earth and Planetary Science Letters, 265, 320-321.
9. 眞島英壽 2007. 島弧会合点における火山活動の研究. JAEA-Review 2007-027, 49-54.
10. 及川輝樹・眞島英壽・棚瀬充史・二ノ宮淳・梅田浩司 2006. 岐阜県土岐川沿いに露出する高マグネシウム安山岩岩脈のK-Ar年代. 地質学雑誌 112, 616-619.
11. Mashima, H. 2006. Comment on "Stratigraphic architecture of sedimentary basin induced by mantle diapiric upwelling and eustatic event" by Yamada and Nakada [Tectonophysics 415 (2006) 103-121], Tectonophysics. 428, 105-106., Tectonophysics, 428, 105-106.
12. Mori, Y. Mashima, H. 2005. X-ray fluorescence analysis of major and trace elements in silicate rocks using 1:5 dilution glass beads. Bulletin of Kitakyushu Museum of Natural History and Human History, Series A (Natural History), 3, 1-12.
13. Masima, H. 2005. Partial melting controls on the Northwest Kyushu basalts from Saga-Futagoyama, northwest Kyushu, southwest Japan. The Island Arc, 14, 165-177.
14. Higo, T., Mashima, H. 2004. Thermal state of northwest Kyushu mantle suggested by the petrochemistry of the Tara-dake basalts. Geophysical Research Letters, 31, L03604.
15. Mashima, H. 2004. Time scale of magma mixing between basalt and dacite esitimated for the Saga-Futagoyama volcanic rocks in northwest Kyushu, southwest Japan. Journal of Volcanology and Geothermal Research, 131, 333-349.
16. 眞島英壽 2002. ガラス円板を用いた蛍光X線分析による岩石試料の微量成分元素定量法の改良. 21, 37-48.
17. 眞島英壽・前田俊一・高橋祥之・佐藤直子・井手知徳 2002. XRFを用いた珪酸塩岩石中の主成分分析に関する検量線の再検討. 九州大学大学院理学研究院研究報告, 地球惑星科学 21, 27-35.
18. 眞島英壽 2002. 珪酸塩岩石中の希土類元素のICP発光分析. 九州大学大学院理学研究院研究報告, 地球惑星科学 21, 19-26.
19. Mashima, H. 1998. Petrological study of the Matsuura basalts from Saga Futagoyama in northwest Kyushu: Origin of the parental magma and genetic relations between tholeiitic, alkalic and calc-alkalic volcanic rocks. Ph. D. Theme, Kyushu University, pp135.

査読なし論文

1. 眞島英壽 2016 日本海拡大と地球科学の方法論 地質学史懇談会会報 48 7-14.
2. 眞島英壽 2016 蛍光X線分析 十日町埋蔵文化財発掘報告書 笹山遺跡発掘調査報告書-第8~10次調査- 55 67-72
3. 吉田誠、三輪陽介、眞島英壽、奥村和之 2011. 平成22年度経済産業省戦略基盤技術高度化支援事業「再生炭素繊維不織布の開発」報告書 96pp
4. 守富寛、板津秀人、神吉肇、眞島英壽 2011. 平成22年度中間年報 省エネルギー革新技術開発事業/先導研究/リサイクル炭素繊維の低コスト省エネ再生技術の研究開発
5. 上原誠一郎・眞島英壽・熊谷康祐 2010 平成21年度NEDOエコイノベーション事業報告書. 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 23pp.

その他
1. 眞島英壽 2017. マントルプルーム論争(1) 日本周辺のアルカリ玄武岩の成因論争. 地質学会ニュース 20 (8) 印刷中.
2. 眞島英壽 2016. JpGU-AGUジョイントセッション「Do plumes exist?」を開催して. 地質学会ニュース 19 (12) 8-9.
3. 眞島英壽 2006. AGU Chapman会議「The Great Plume Debate」参加報告, 地質学会ニュース 9 (3), 8-9.
4. Mashima, H. 2006. GPD report published in News of the Geological Society of Japan, March, 2006. http://www.mantleplumes.org/Chapman/ 

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.