島田和高

島田

明治大学博物館学芸員
明治大学黒耀石研究センター員
プロジェクト:「ヒト‐資源環境系の歴史的変遷に基づく先史時代人類誌の構築」研究分担者
履歴
明治大学文学部史学地理学科考古学専攻 1989年4月入学~1993年3月卒業
明治大学大学院博士前期課程文学研究科考古学専攻 1993年4月~1995年3月修了
明治大学大学院博士後期課程文学研究科考古学専攻 1995年4月~1996年3月退学
明治大学考古学博物館(〜2003年度)および明治大学博物館考古部門(2004年度〜)担当学芸員
1996年4月〜現在に至る
■国内学協会委員等
日本旧石器学会 総務委員会委員長 2008~2012
日本第四紀学会 会誌編集員会委員  2011年度〜2014年度

■非常勤講師・集中講義出講
1999年4月1日〜2001年3月31日:明治大学文学部兼任講師(「考古学演習」および「旧石器時代の考古学」を担当)
2006年4月1日〜2007年3月31日:明治大学文学部兼任講師(「旧石器時代の考古学」を担当)
2008年4月1日〜2010年3月31日:明治大学文学部兼任講師(「考古学研究法IB・IIB」を担当)
2010年4月〜2016年3月:明治大学文学部兼任講師(学部間共通総合講座「博物館を実見する」および国際日本学部「文化資料学」を分担)
2016年4月〜現在:明治大学国際日本学部兼任講師(学部間共通総合講座「博物館を実見する」および国際日本学部「文化資料学」を分担)
■これまでに受けた科学研究費補助金ほか外部競争的研究基金
2008年度〜2010年度
補助金基盤研究(C)「黒耀石利用のパイオニア期と日本列島人類文化の起源に関する研究」

2011年度〜2015年度(研究分担者,サブプロジェクト・リーダー)
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ヒト-資源環境系の歴史的変遷に基づく先史時代人類誌の構築」(研究代表者:小野昭)

2014年度〜2016年度
科研費基盤研究(C)「気候寒冷化による先史狩猟採集社会の遊動戦略の変化と人口動態」

2015年度〜2017年度(研究分担者)
科学研究費補助金基盤研究(B)「ヒト‐資源環境系から見る更新世/完新世初頭の石材獲得活動の国際比較」(研究代表者:小野昭)

研究業績

■ 著書
単著
2000年 『岩宿発掘50年−旧石器時代研究の原点と足跡−』120頁 明治大学考古学博物館
2008年 『氷河時代の山をひらき、海をわたる-日本列島人類文化のパイオニア期-』90頁 明治大学博物館
2012年 『2012年度明治大学博物館特別展図録 氷河時代のヒト・環境・文化 The Ice Age World』, 128頁 明治大学博物館,東京

編著
2000年 『長野県小県郡長門町 鷹山遺跡群IV』230頁 長門町教育委員会
2001年 『長野県小県郡長門町 鷹山遺跡群V』88頁 長門町教育委員会
2003年 『長野県小県郡長門町 鷹山遺跡群VI−鷹山第XII遺跡黒耀石研究センター地点の発掘調査−』122頁 明治大学人文科学研究所
2004年 『韓国スヤンゲ遺跡と日本の旧石器時代—Suyanggae and Her Neighbours—』124頁 明治大学博物館・韓国国立忠北大学校博物館
2014年 島田和高・隅田祥光・会田 進・橋詰 潤・堀 恭介・小野 昭 (2014)『広原遺跡群発掘調査概報 II :2013年度広原遺跡群における考古・古環境調査』明治大学黒耀石研究センター, 21p.
2016年 小野 昭・島田和高・橋詰 潤・吉田明弘・公文富士夫(編)『長野県中部高地における先史時代人類誌:広原遺跡群第1次〜第3次調査報告書』明治大学黒耀石研究センター資料・報告集1,338p.,長野,明治大学黒耀石研究センター
2017年 島田和高・橋詰潤・小野昭「長野県中部高地における先史時代人類誌 広原遺跡群第1次~第3次調査報告書:発掘・遺物写真編(デジタル版)」『資源環境と人類』7:111-118
■ 論文
単著
2016年 島田和高 (2016)「中部高地における景観変遷と後期旧石器時代の黒曜石獲得活動」小野 昭・島田和高・橋詰 潤・吉田明弘・公文富士夫(編)『長野県中部高地における先史時代人類誌:広原遺跡群第1次〜第3次調査報告書』明治大学黒耀石研究センター資料・報告集1:329-338
2015年 島田和高 (2015)「上部旧石器時代における中部高地黒曜石原産地の土地利用変化」『第四紀研究』54 (5):219-234
2015年 島田和高 (2015)「矢出川遺跡再訪—稜柱形細石刃石核と細石刃の形態分析—」『矢出川—日本列島で最初に発見された細石刃石器群の研究—』, pp. 313-336.信毎書籍出版センター.
2014年 Shimada, K. (2014) Upper Palaeolithic obsidian use in central Japan: the origin of obsidian source exploitation. In: Lithic raw material exploitation and circulation in prehistory, Études et Recherches Archéologiques de l'Université de Liège, edited by M. Yamada and A. Ono, 138: pp. 175-199. Liège, Belgique.
2013年 Shimada, K. (2013) From gathering to mining: prehistoric
human activities around obsidian sources in central Japan. Archeometriai Műhely 2012/4: 229-245. Hungarian National Museum.
2012年 Shimada, K. (2012) Pioneer phase of obsidian use in the Upper Palaeolithic and the emergence of modern human behavior in the Japanese Islands. In: Ono. A., and Izuho. M. (eds.), Environmental Changes and Human Occupation in East Asia during OIS 3 and OIS2, BAR International Series 2352, pp.129- 146, Archaeopress.
2011 年 「環状ブロック群の多様性と現代人の拡散」『資源環境と人類』1 pp.9-26.明治大学黒耀石研究センター
2010 年 「40,000 y BP を遡る遺跡は存在するのか? 日本列島における中期旧石器研究の現状と課題」 In Journal of the Korean Palaeolithic Society 21 : pp.71-82. The Korean Palaeolithic Society.
2009年 「黒耀石利用のパイオニア期と日本列島人類文化の起源」『駿台史学』135 pp.51-70. 駿台史学会
2008年 「黒耀石のふるまいと日本列島旧石器時代の住まい」『旧石器研究』4号pp.61-82,日本旧石器学会
2007年 「石材別資料の分類からみた黒耀石のふるまいⅡ-岩宿Ⅱ期あるいはB2層段階における旧石器時代の相模野台地とその周辺」『明治大学博物館研究報告』第12号pp.1-23.明治大学博物館
2007年 「鷹山黒耀石原産地遺跡群における遺跡研究序説」『黒耀石文化研究』第5号pp.1-20.明治大学博物館
2006年 「ナイフ形石器文化終末期における黒耀石消費の構成と遺跡の連関」『九州旧石器』第11号 pp.87-102 九州旧石器研究会
2005年 「黒耀石・槍先形尖頭器・ナイフ形石器—石材別資料からみた黒耀石のふるまい—」『地域と文化の考古学 I 』pp.421-439. 明治大学考古学研究室編,六一書房
2004年 「田名向原遺跡No.4地点住居状遺構の成り立ちに関する一考察」『田名向原遺跡 II』pp.108-122.相模原市教育委員会
2001年 「砂川期ナイフ形石器と遺跡群の空間」『石器文化研究』10 pp.101-119.石器文化研究会
2000年「岩宿発掘1949-1950:基礎整理編-明治大学考古学博物館収蔵資料(旧石器時代)の再検討・再評価(2)-」『明治大学博物館研究報告』第5号pp.15-53.明治大学博物館
1999年「遺跡群研究」『石器文化研究 岩宿発掘50周年記念 日本旧石器時代研究50年と今後の展望』7pp.181-190.石器文化研究会
1998年 「中部日本南部における旧石器地域社会の一様相—砂川期における地区の成り立ちと地域の構造—」『駿台史学』102号pp.1-49.駿台史学会
1997年 「南関東の槍先形尖頭器」『九州旧石器』3 pp.99-108 九州旧石器文化研究会
1996年 「移動生活のなかの石器作りの営み-砂川型刃器技法の再検討-」『駿台史学』98号pp.47-75.駿台史学会
1996年 「V~Ⅳ下層段階の剥片剥離工程」『石器文化研究』5pp.231-240.石器文化研究会
1994年 「両面調整槍先形尖頭器の製作と原料消費の構成—槍先形尖頭器石器群における原料消費と遺跡の関連に関する一考察—」『旧石器考古学』49 pp.29-44.旧石器文化談話会

編著
2017年 Shimada, K., Yoshida, A., Hashizume, J., Ono, A. 2017. Human responses to climate change on obsidian source exploitation during the Upper Paleolithic in the Central Highlands, central Japan. Quaternary International, 442: 12-22.
2016年 橋詰 潤・工藤雄一郎・島田和高 「広原遺跡群における人類活動と景観変遷」小野 昭・島田和高・橋詰 潤・吉田明弘・公文富士夫(編)『長野県中部高地における先史時代人類誌:広原遺跡群第1次〜第3次調査報告書』明治大学黒耀石研究センター資料・報告集1:316-328
2016年 小野 昭・島田和高・橋詰 潤・吉田明弘 「オーストリア・北チロル地方の中石器時代遺跡群と高山景観の巡見調査」『資源環境と人類』6: 87-97

共著
2006年 「黒耀石産地推定分析からみた長野県矢出川Ⅰ遺跡出土細石核の構成」『明治大学博物館研究報告』11号 pp.1-28.明治大学博物館事務室(鈴木尚史・飯田茂雄・杉原重夫)
2005年 「長野県・鷹山遺跡の調査研究と黒耀石考古学」『旧石器考古学』67号pp.71-84.旧石器文化談話会(安蒜政雄・山科哲・及川穣)
2003年 「鷹山遺跡群星糞峠における旧石器時代遺跡の発掘調査(予報)」『黒耀石文化研究』第2号pp.47-77.明治大学人文科学研究所(安蒜政雄・矢島國雄・鈴木尚史・川本真由美・吉田望・及川穣)
2001年 「星糞峠縄文時代黒耀石採掘鉱山の研究—長野県鷹山遺跡群—」『日本考古学』11号pp.123-132.日本考古学協会(安蒜政雄)
2001年 「川上博義氏寄贈の石器時代・古墳時代資料について」『明治大学博物館研究報告』第6号pp.3-24.明治大学博物館(黒沢浩・古屋紀之・鈴木尚史)
1998年 「明治大学考古学博物館収蔵資料(旧石器時代)の再検討・再評価-北海道置戸安住遺跡B・C地点の細石刃製作工程と遺跡での作業内容-」『明治大学博物館研究報告』第3号pp.23-67.明治大学博物館(山科哲)
1995年 「諏訪湖東岸遺跡群採集の細石核」『長野県考古学会誌』76 pp.52-57.長野県考古学会(中島透)
■ 国内学会口頭発表
2017年5月25日 島田和高「30~19 kaにおける高山景観への人類適応:最終氷期最寒冷期の黒曜石原産地開発」H-QR05ヒト-環境系の時系列ダイナミクス,JpGU-AGU joint meeting 幕張国際会議場
2014年9月6日 島田和高・橋詰 潤・吉田明弘・小野 昭「長野県広原遺跡群の発掘調査と中部高地における EUP 石器群」 日本第四紀学会 2013年大会,2014年 9 月 6 日, 東京大学柏キャンパス, 口頭
2014年5月1日 島田和高「長野県中部高地における先史時代黒曜石資 源の利用と広原遺跡群の調査」地球惑星科学連合 2014 年大会,2014 年 5 月 1 日, パシフィコ横浜, 口頭
2012年5月25日 島田和高「中部高地黒曜石資源の開発と最古の黒曜石利用」日本地球惑星科学連合 2012 年度大会(H-QR23 ヒト−環境系の時系列ダイナミクス), 千葉幕張メッセ, 口頭(要旨:CD-ROM)
2012年5月25日 「中部高地黒曜石資源の開発と最古の黒曜石利用」日本地球惑星科学連合2012年度大会,(H-QR23 ヒト−環境系)幕張メッセ国際会議場.
2010年6月5日 「環状ブロック群における遺跡の連関と移動の軌跡」『日本列島における酸素同位体ステージ3 の古環境と現代人的行動の起源』pp. 24-25. 八ヶ岳旧石器研究グループ・浅間縄文ミュージアム・日本第四紀学会研究委員会「東アジアにおける酸素同位体ステージ3 の環境変動と考古学」
2010 年6月26日 「40 ka 以前の遺跡と石器群に関する諸問題」『旧石器時代研究の諸問題 列島最古の旧石器を探る』日本旧石器学会第8 回講演・研究発表・シンポジウム予稿集pp.41-44.日本旧石器学会
2011年1月22日  「仲田報告へのコメント『移行期説』と『立川ローム層X 層石器群最古説』をこえて」『石器文化研究』16 pp.100-102.石器文化研究会
2009年2月7日 「黒耀石利用のパイオニア期と環状のムラの消滅」『シンポジウム東アジアへの新人の拡散とOIS3の考古学 予稿集』pp.21-26.日本第四紀学会研究委員会「東アジアにおける酸素同位体ステージ3の環境変動と考古学」
2007年6月23日 「列島旧石器時代の住居状遺構をめぐる諸問題-神奈川県田名向原遺跡No4地点とその周辺-」『日本旧石器学会第5回講演・研究発 表シンポジウム予稿集』pp.42-46.日本旧石器学会
2006年5月28日 「鷹山黒曜石原産地遺跡群における鉱山の起源に関する研究」『日本考古学協会第72回総会研究発表要旨集』pp.37-40.日本考古学協会(安蒜政雄・矢島國雄・山科 哲・及川 穣)
1999年10月23日 「槍先形尖頭器の製作と黒耀石原産地」『岩宿発掘50年の成果と今後の展望 第7回岩宿フォーラム/シンポジウム予稿集』pp.62-69.笠懸町教育委員会・岩宿フォーラム実行委員会
■ 国際学会・シンポジウム・ワークショップ等口頭発表
2016年6月6日 Shimada, K. Changes in obsidian use and human responses to the LGM climate conditions in central Japan. International Obsidian Conference, 2016 6th June, 2016, Lipari, Italy. Oral presentation.
2015年7月29日 Shimada, K. Upper Paleolithic obsidian exploitation and human behavior in the central highlands, central Japan. INQUA Congress 2015, Nagoya. 29th July 2015, Nagoya Congress Center, Japan.
2013年7月27日 Shimada, K., Hashizume, J., Nakamura Y., Aida, S., Yamada, M., and Ono, A., Prehistoric human activities and obsidian exploitation at the Hiroppara site group in Nagano Prefecture, central Japan. International symposium in commemoration of the 90th anniversary of the discovery of Shuidonggou (Session: the 6th annual meeting of Asian Palaeolithic Association), 27 June (2013), Yuinchuan Ningxia, China, Oral (Abstract: pp. 78-79)
2012年11月26日 Shimada, K. Activities of prehistoric hunter-gatherers around obsidian sources in central Japan. Archaeometry Workshop, 26 November 2012, Hungary National Museum, Budapest, Hungary, Oral.
2012年10月28日 Shimada, K. Upper Palaeolithic obsidian use in central Japan: the origin of obsidian source exploitation. International symposium: Lithic raw material exploitation and circulation in prehistory, a comparative perspective in diverse palaeoenvironment, 28 October 2012, Meiji University, Tokyo, Oral.
2011年7月23日 Archaeological Evidence for the Emergence of Modern Human Behavior in the Japanese Archipelago. The XVIII INQUA-Congress, Quaternary sciences –the view from the mountains, in Bern, Switzerland.
2010年10月12日 “Circular settlements”in the early Upper Palaeolithic in Central Japan. Diversity of the Asian Palaeolithic Culture: Recent Progress and New Trends, The 3rd Asian Palaeolithic Association International Symposium. Gongju, Korea.
2010年9月22日 The dynamism of obsidian management and the emergence of modern human behavior in the early Upper Palaeolithic in Japan. International Symposium: The Initial Human Habitation of the Continental and the Insular Parts of The Northeast Asia. Yuzhno-Sakhalinsk, Russia.
2009年10月21日 Do the sites prior to 40 000yBP exist?: a review of the Middle Palaeolithic in Japan. Asian Palaeolithic Association (APA) annual meeting 2009. Beijing, China.
2009年12月5日 A short research history of "obsidian archaeology" and current issues on the beginning of obsidian utilization in Japanese Upper Palaeolithic. The 19th Indo-Pacific Prehistory Association (IPPA) conference. Hanoi, Vietnam.
2008年6月26 Emergence of Modern Human Behaviors and Obsidian Use in the Paleolithic Period of Japan. International symposium: The Current Issues of Paleolithic Studies of Asia and Contiguous Regions. Altai, Russia.
2007年11月21日 Exploring mountains, voyaging the sea: Origin and characteristics of the Paleolithic culture in Japan. International symposium on quaternary environmental changes and humans in Asia and the western Pacific, abstract volume, Geological survey of Japan, interim report no.42, 2007, pp.95-96. Tsukuba, Ibaragi Pref. Japan
2006年1月14日 Takayama Obsidian Source Sites and the Palaeolithic Obsidian Managements. WAC6 inter-congress in Osaka, Osaka History of Museum.
■発掘調査
遺跡名・所在地
鷹山遺跡群第1遺跡S地点(長野県小県郡長和町)
鷹山遺跡群星糞峠黒曜石採掘跡群(長野県小県郡長和町)
鷹山遺跡群広域分布調査(長野県小県郡長和町)
広原湿原および遺跡群の考古・古環境調査(長野県小県郡長和町)
■海外調査など
1992年8月〜9月 グルジア共和国ドマニシ遺跡の発掘調査に参加。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.