米田 穣

米田

東京大学総合研究博物館教授
明治大学黒耀石研究センター員

履歴

博士(理学)東京大学 2002年
東京大学理学部生物学科 1988年4月入学~1992年3月卒業
東京大学大学院修士課程理学系研究科人類学専攻 1992年4月~1994年3月修了
東京大学大学院博士課程理学系研究科人類学専攻 1994年4月~1995年3月退学
国立環境研究所研究員(〜2002年度)、主任研究員(〜2006年度)
日本学術振興会特別研究員・オックスフォード大学考古学・美術史研究所研究員(2003~2005年)
東京大学新領域創成科学研究科先端生命科学専攻(2006〜2011年度)助教授・准教授 
2012年4月〜現在に至る
■国内学協会委員等
日本人類学会理事 2008~2012
日本第四紀学会幹事 2013~2017
■非常勤講師・集中講義出講
立教大学
慶應義塾大学
筑波大学
明治大学
北海道大学理学部
岡山理科大学
■これまでに受けた科学研究費補助金ほか外部競争的研究基金
1. 平成28~29年度「微量元素分析による植物資源の産地推定と生育・栽培条件復元の新手法開発」研究代表者 日本学術振興会科学研究費補助金挑戦的萌芽研究(16K12806)
2. 平成27~31年度「高精度年代測定および稲作農耕文化の食生活・健康への影響評価」研究代表者 文部科学省新学術領域研究(研究領域提案型)「稲作と中国文明-総合稲作文明学の新構築-」計画研究(15H05969)
3. 平成27~29年度「縄文中期末の『人口激減』に関する同位体地球化学と形質人類学による総合的研究」研究代表者 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)(一般)(15H02946)
4. 平成22年~26年「旧人・新人時空分布と気候変動の関連性の分析」研究代表者
文部科学省科学研究費補助金新学術創成研究(研究領域提案型)(22101005)
5. 平成20年~23年「新手法による日本人集団の形成に関する研究」研究代表者
日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究B(20370095)  H20年度810万円
6. 平成17年~18年「古人骨コラーゲン分析における微量化と高精度化」研究代表者
文部科学省科学研究費補助金若手研究B(17770214)  H17年260万円、H18年100万円
7. 平成13年~14年「放射性炭素を用いた古食性の定量的復元法の検討」研究代表者
文部科学省科学研究費補助金 奨励研究A(13740499)H13年180万円、H14年100万円)
8. 平成12年「古人骨の化学分析から見た水田稲作農耕による食生活・生業形態の変化(4)」
文部省科学研究費補助金 特定領域研究A(2)(12012225)「日本人および日本文化の起源に関する学際的研究(代表者・尾本惠市)」公募研究 研究代表者150万円
9. 平成11年「古人骨の化学分析から見た水田稲作農耕による食生活・生業形態の変化(3)」文部省科学研究費補助金 特定領域研究A(2)(11112227)「日本人および日本文化の起源に関する学際的研究(代表者・尾本惠市)」公募研究 研究代表者120万円
10. 平成10年「古人骨の化学分析から見た水田稲作農耕による食生活・生業形態の変化」
文部省科学研究費補助金 特定領域研究(A) (10115221)「日本人および日本文化の起源に関する学際的研究(代表者・尾本惠市)」公募研究 研究代表者90万円
11. 平成9年「古人骨の化学分析から見た水田稲作農耕による食生活・生業形態の変化」
文部省科学研究費補助金 重点領域研究(A) 「日本人および日本文化の起源に関する学際的研究(代表者・尾本惠市)」公募研究(09208217) 研究代表者180万円/年

研究業績

■論文
1. 米田穣・大森貴之・尾嵜大真・栁田裕三 (2017). 長崎県佐世保市岩下洞穴から出土した縄文早期人骨群の炭素・窒素同位体比と放射性炭素年代. Anthroplogical Science (Japanese Series) 125(1), 39-47. DOI: 10.1537/asj.170417 (2017/6/7)
2. Itahashi, Y., Y. Miyake, O. Maeda, O. Kondo, H. Hongo, W. Van Neer, Y. Chikaraishi, N. Ohkouchi, M. Yoneda (2017). Preference for fish in a Neolithic hunter-gatherer community of the upper Tigris, elucidated by amino acid 15N analysius. Journal of Archaeological Science 82, 40-49. DOI: 10.1016/j.jas.2017.05.001 (2017/05)
3. Tsutaya, T., T. Gakuhari, A. Asahira, M. Yoneda (2017). Isotopic composition of gelatin extracted from bone powder with that from bone chunk and development of a framework for comparison of different extraction methods. Journal of Archaeological Science: Reports 11, 99-105. DOI: 10.1016/j.jasrep.2016.11.044 (2017/2)
4. Tsutaya, T., Y. Fujimoto, M. Hayashi, M. Yoneda, and T. Miyabe-Nishiwaki (2017). Carbon and nitrogen stable isotopic offsets between diet and hair/feces in captive chimpanzees. Rapid Communications in Mass Spectrometry 31, 59-67. DOI: 10.1002/rcm.7760 (2016/11/28)
5. Tsutaya, T., H. Miyamoto, H. Uno, T. Omori, T. Gakuhari, A. Inahara, T. Nagaoka, M. Abe, and M. Yoneda (2016). From cradle tograve: multi-isotopic investigations on the life history of a higher-class female in the Edo period Japan. Anthropological Science 124(3), 185-197. DOI: 10.1537/ase.161029 (2016/12)
6. Tsutaya, T., A. Shimomi, S. Fujiwara, K. Katayama, and M. Yoneda (2016). Isotopic evidence of breastfeeding and weaning practices in a hunter-gatherer population during the Late/Final Jomon period in eastern Japan. Journal of Archaeological Science 76, 70-78. DOI: 10.1016/j.jas.2016.10.002 (2016/12)
7. Kusaka, S., E. Ishimaru, F. Hyodo, T. Gakuahri, M. Yoneda, T. Yumoto, and I. Tayasu (2016). Homogeneous diet of contemporary Japanese inferred from stable isotope ratios of hair. Scientific Reports 6, 33122. DOI: 10.1038/srep33122 (2016/9/12)
8. Kanzawa-Kiriyama, H., K. Kryukov, T.A. Jinam, K. Hosomichi, A. Saso, G. Suwa, S. Ueda, K. Shinoda, M. Yoneda, A. Tajima, K. Shinoda, I. Inoue and N. Saitou (2016). A partial nuclear genome of the Jomons who lived 3,000 years ago in Fukushima, Japan. Journal of Human Genetics. 2016 Sep 1. DOI: 10.1038/jhg.2016.110 (2016/9/1)
9. 佐伯史子・安達登・米田穣・鈴木敏彦・澤田純明・角田恒雄・増山琴香・尾嵜大真・大森貴之・萩原康雄・奈良貴史 (2016). 大船渡市野々前貝塚縄文時代人骨の形態人類学的および理化学的分析. Anthropological Science (Japanese Series) 124(1), 1-17. DOI:10.1537/asj.160417. (2016/6/25)
10. Suzuki, S., M. Sunagawa, M. Shindo, R. Kimura, K. Yamaguchi, T. Sato, M. Yoneda, T. Nagaoka, K. Saiki, T. Wakebe, K. Hirata, T. Tsurumoto, and H. Ishida (2016). Degenerative changes in the appendicular joint of ancient human populations from the Japan Islands. Quaternary International 405, 147-159. DOI:10.1016/j.quaint.2015.03.027. (2016/6/16)
11. Someda, H., T. Gakuhari, J. Akai, Y. Araki, T. Kodera, G. Tsumatori, T. Kobayashi, S. Matunaga, S. Abe, M. Hashimoto, M. Saito, M. Yoneda and H. Ishida (2016). Trial application of oxygen and carbon isotope analysis in tooth enamel for identification of post-war victims for discriminating between Japanese and US soldiers. Forensic Science International 261, UNSP 166.e1. DOI:10.1016/j.forsciint.2016.02.010. (2016/4)
12. Tsutaya, T., T. Nagaoka, Y. Kakinuma, O. Kondo, M. Yoneda (2016). The diet of townspeople in the city of Edo: carbon and nitrogen stable isotope analyses of human skeletons from the Ikenohata-shichikencho site. Anthropological Science 124(1), 17-27. DOI:10.1537/ase.150914. (2016/4)
■ 国内学会口頭発表
1. 米田穣・E.R. Crema (2017). 白保佐保竿根田原洞穴遺跡出土人骨の年代測定と食性分析. 日本考古学協会第83回総会 (大正大学:東京都豊島区5月29日).
2. 米田穣 (2016). 同位体生態学からみた縄文人とその社会~博物館資料の再活用による史跡研究の可能性~. 明治大学黒耀石研究センター研究成果公開シンポジウム「国史跡が拓く縄文の世界I~先端研究が照らす縄文社会の実像~」(明治大学:東京都千代田区12月11日).
3. 米田穣・山﨑孔平・松下孝幸・分部哲秋・弦本敏行・石田肇 (2016). 同位体分析による土井ヶ浜弥生人の食性復元と弥生時代における食生態の多様性. 第70回人類学会大会・シンポジウム「土井ヶ浜遺跡の弥生人~発掘調査報告書刊行で分かったこと~」(新潟医療福祉大学:新潟県新潟市10月10日)
4. 米田穣 (2016). 高精度年代測定および稲作農耕文化の食生活・健康への影響評価. 第1回日中合総合稲作文明学シンポジウム. (潮王大酒店:中華人民共和国浙江省杭州市9月13日).
5. 米田穣 (2016). 食の多様化と社会複雑化. 明治大学日本先史文化研究所シンポジウム「縄文文化の繁栄と衰退Ⅲ~生業の特殊化と社会複雑化~」(明治大学:東京都千代田区8月27日).
6. 米田穣・奈良貴史・澤田純明 (2016). 古人骨の同位体比からみた縄文時代生業の長期持続可能性. 日本地球惑星科学連合2016年大会 (幕張メッセ:千葉県千葉市5月26日).
7. 米田穣・尾嵜大真・大森貴之・吉田邦夫 (2016). 総合科学としての放射性炭素年代測定とAMS公開ラボ. 第18回AMSシンポジウム (東京大学:東京都文京区3月5日).
8. 米田穣 (2016). 遺跡から出土する古人骨と炭化種実の炭素・窒素同位体比からみた日本先史時代の水稲利用. 日本土壌肥料学会 重窒素圃場利用研究会 (佐賀大学:佐賀県佐賀市9月21日).
■ 国際学会・シンポジウム・ワークショップ等口頭発表
1. Yoneda, M., H. Takayama, J.Sawada, and T. Nara (2016). Maritime adaption of Jomon populations in northern Japan (Hokkaido and Tohoku). The 8th World Archaeology Congress (Doshisha University, Kamigyo, Kyoto, Sep. 1).
2. Yoneda, M. (2016). Dietary reconstruction of prehistoric hunter-gatherers and early rice farmers of Japan and the Lower Yangtzu-river region in China. GAL Workshop “Human evolution in Eurasia elucidated through Genetics, Archeology, and Linguistics” (National Institute of Genetics, Mishima, March 15)
3. Yoneda, M., H. Kikuchi, M. Maruyama, G. Sun (2016). Carbon and Nitrogen Isotope Analyses on the Neolithic Human, Animal and Plant Remains from the Tianluoshan Site, Zhejiang Province, China. 7th Worldwide Conference of the Society of East Asia Archaeology (Boston, U.S.A., Jun. 11).
■海外調査など
1990~2012年 シリア共和国デデリエ洞窟における放射性炭素年代測定
2010~2011年 トルコ共和国ハサンケイフホユック遺跡の古人骨・動物骨調査
2014~2017年 中華人民共和国浙江省の新石器時代遺跡の古人骨・動物骨調査

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.