法学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

現役院生から

博士前期課程

公法学専攻 博士前期課程 法学研究者養成コース2年
小林 大祐
KOBAYASHI Daisuke 
社会科学への一歩

明治大学法学研究科は「社会科学としての法学の研究にまで深化すること」を主たる目的としています。そのためには、「視る力」と「書く(表現)力」が必要に思います。つまり、ある社会現象の本質を自分なりの視点から認識し、そこから問題点・疑問点を提示し、様々なアプローチによりそれらの実証や解決のための手段を模索する力です。大学院での生活は、私にとって、先生や先輩、同輩の研究姿勢、助言、研究会での発言等からその人なりの視方や問題へのアプローチの仕方に触れることができるよい場となっています。
 
 特に法学研究科では、法制度を時代的・文化的観点と法理念・原理・他の法制度との関係から分析し、具体的事件も踏まえて考察しています。
 
 大学院進学は、金銭的にも不安があるかと思います。本研究科は奨学金やTA・RA制度があります。私は法学部TAをしていますが、金銭面だけでなく知識の整理・復習の機会にもなっています。

 まずは、大学院がどんなところか知ってみては如何でしょうか。私は先取り履修制度を利用しましたが、説明会等多くのきっかけがありますよ。

研究室紹介
 青野先生の演習では、「古典」と評価しうる労働法の論文を読むことを通じて、当時の労働法学の状況と労働法学の基礎的な視点、その読み取り方を御指導くださっています。また外部の研究会へ参加し様々な先生方の発言や高度な議論を間近に接する機会をいただいています。




博士後期課程

民事法学専攻 博士後期課程3年
有安 香央理
ARIYASU Kaori
 
さまざまな「知」に触れられる大学院での研究
 私は、学部に入学する以前から、法と歴史に関心がありました。学部で授業を受けたりゼミに参加したりするなかで、先生方の学問に対する並々ならぬご熱意に触れて研究をしたいと思い、大学院に進学しました。そして私は現在、明治大学大学院で、明治初期の日本における領事裁判について研究しています。学部時代には触れなかったような史料を読み進める毎日ですが、1つの史料をすべて読み終え、興味深い論点を見つけたときの喜びは、何物にも代えがたいものです。

 明治大学大学院法学研究科に進学してよかったと思う点は、講座が充実していることです。私は日本近代法史の研究をしていますが、東洋・西洋法制史の講義を受ける機会があります。そのため、専門以外の知識を深め、研究者としての視野を広げることができています。もちろん、これは他の科目にもいえることです。

 また、本研究科には、専攻の垣根を越えて一緒に学問を楽しみ、悩み、切磋琢磨できる仲間がたくさんいます。仲間との語らいで新たな観点を見いだせることもあります。
研究室紹介
の指導教授は、日本近代法史がご専門の村上一博先生です。論文指導をはじめ、判決の分析や史料の調査方法についても的確なアドバイスをいただけるので、研究活動を続けていくうえでのさまざまな知識を身につけることができます。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.