政治経済学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

政治経済学研究科の中林一樹特任教授が、平成26年防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞しました

2014年09月11日
明治大学 大学院事務室

安倍総理(前列左)を囲んで記念撮影に臨む中林特任教授(前列右)安倍総理(前列左)を囲んで記念撮影に臨む中林特任教授(前列右)

大学院政治経済学研究科の中林一樹特任教授はこの度、平成26年防災功労者内閣総理大臣表彰を受賞しました。

この表彰は、災害時における人命救助や被害の拡大防止等の防災活動の実施、平時における防災思想の普及又は防災体制の整備の面で貢献し、特にその功績が顕著であると認められる団体又は個人を対象として表彰するもので、今年は4個人・36団体が表彰されました。

中林特任教授が受賞した功績としては、都市防災学、都市計画学、まちづくり論を専門とする研究業績のみならず、中央防災会議「首都直下地震避難対策等専門調査会」座長、「首都直下地震対策検討ワーキンググループ」委員などを歴任するなど、幅広い知見から数多くの有用な提言を行い、防災対策の推進に多大な貢献をしたことが評価されました。

表彰式は9月10日、総理大臣官邸で行われ、冒頭のあいさつに立った安倍総理は「経験したことのないような大雨による被害が発生し、多くのかけがえのない命と貴重な財産が失われている」と異常気象による自然災害に触れた上で、「政府として引き続き、被災された方々への支援や、被災地の復旧・復興に全力を尽くすとともに、南海トラフ巨大地震や首都直下地震を始めとする将来の大規模な災害に備え、国民の皆様の生命・財産を守るため、我が国全土にわたって、災害に強い、強靭な国造りを進めていく」と決意を語りました。
また、「本日の表彰を契機として、皆様がそれぞれの分野において、各種の取り組みがより一層進展されることを期待しています」と激励し、より一層の防災体制の整備を訴えました。


中林一樹特任教授のコメント
多くの方に支えられながら進めてきた安全安心できる都市づくり・街づくりの実践的研究は、1976年に酒田大火がきっかけで取り組みはじめました。阪神・淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災を経て、都市防災のみならず首都直下地震からの都市復興のあり方を含め、都市の防災・減災・復興の研究に取り組ん来ました。内閣府での首都直下地震対策検討にも参加し、木造密集市街地での防災まちづくりや事前復興まちづくりの取り組みも進めてきました。こうした取り組みを認めていただいたのかと思います。今後とも、明治大学として取り組んでいる東日本大震災の復興支援とともに、東京の防災・減災・復興に関する取り組みを進めていきたいと思います。

「政治経済学研究科 ニュース一覧 2014年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.