明治大学の外国語教育

国際感覚を持った「個」となるために

真の国際人を養成するための多面的な指導体制





 言語は、個人の思考や感情を伝達する手段であるとともに、さまざまな国の生活と文化を表すものです。つまり外国語を学ぶということは、その言語圏の人々の心を知り、歴史や文化、政治経済などへの理解を深めることでもあります。国際的視野を身につけるうえで、外国語は欠くことのできない道具なのです。

 街を歩けば外国人に出会い、キャンパスには多くの留学生が学んでいます。国際化が実感できる環境で、外国語でコミュニケーションをとる能力は、社会的にも強く要請されています。しかし、単に外国語を話せるだけでは、真の国際人ではありません。相手の国や、その国に住む人々への理解、さらにグローバルな視野に立った感覚を持ってこそ、真の国際人といえるのです。

 明治大学の外国語教育は、そうした考えに基づいています。各学部共通の選択外国語科目、コミュニケーション能力向上のための外国語会話集中講座。さらに、ネイティブ・スピーカーを中心とする教育スタッフを充実させ、視聴覚センター、ラボ教室、AV教室といった教育施設を拡充するなど、外国語会話教育の指導体制を多面的に整えています。

自分のレベルと興味に合わせられる選択外国語





 各学部ごとの外国語教育以外に、学部の枠を超えて自由に履修できるものもあります。「学部間共通外国語科目」がそれで、3キャンパスに総計130以上のクラスがあり、うち7割以上が会話クラスとなっています。

 英語をはじめドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語の会話クラスは、ネイティブ・スピーカーによる徹底的な指導。クラスはレベル別なので、自分のレベルを選択すれば、すぐに使える外国語が身につきます。スペイン語、朝鮮語、ギリシア語、ラテン語、イタリア語など、学部によっては設けられていない外国語や、留学生のための日本語についても、初級から中級程度までのクラスが設置されています。

 英・独・仏・中国語については、より一層の会話能力習得のために集中講座を設置しています。留学を目指す者や、将来国際的な舞台で活躍したい学生を対象に、国際理解講座も設けています。さまざまなテーマについて外国語で講義を聴き、討論し、レポートを書く実践的な講座です。

 選択できる外国語の幅は、年を追うごとに、そして学生の興味の広がりとともに多様化し、増えています。国際化時代にふさわしい充実ぶりといえるでしょう。

生きた外国語を身近にしたAV教育施設



 充実した外国語教育プログラムを、さらに効率的にするのが、各キャンパスの視聴覚施設・設備です。
メディアライブラリーには、外国の映画・演劇を中心とした視聴覚資料があり、授業の予習・復習を楽しくしてくれます。
 生きた外国語習得、そして真の国際人養成のために、明治大学にはすぐれた設備・スタッフ・プログラムが整備されています。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.