文学部文学科 フランス文学専攻3年:武田 笑奈

東京都私立聖ドミニコ学園高等学校卒業

プチ留学のような環境でさまざまな角度からフランス文化を学ぶ

高校時代からフランス語を学んでおり、フランス演劇にも興味がありました。オープンキャンパスで杉山利恵子教授の講義を受け、「文法ではなく、ことばとしてのフランス語」に興味をもち、杉山教授に学びたくて明治大学を志望しました。文学部といっても、講義は言語、社会、思想と多岐にわたり、フランスについてさまざまな角度から学べます。少人数のクラスが多く、発言しやすい雰囲気なのも良い点です。「フランス語会話」ではフランス人の先生が、ほぼフランス語のみで講義を進めるため、毎時間プチ留学をしているようです。実際にフランスに留学をして現地の大学の授業を受けたときに、落ち着いて理解でき、自分なりの発言もできたので、日々の授業での会話力がいかされていると感じました。

Top of page

上へ戻る