政治経済学部経済学科4年:松下 花梨

茨城県立日立第一高等学校卒業

他学科の講義も幅広く履修できる自由なところが魅力

政治や経済は、現実の社会と密接な関係がある学問分野です。それを専門的に学んで将来に役立てたいと考え、政治経済学部を志望しました。経済学でよく使われる数学があまり得意ではないのですが、大学生活は不得意なことに挑戦するのにもってこいだと思い、経済学科を選びました。明治の政治経済学部は、カリキュラムの自由度が高く、他学科の講義も比較的自由に履修できるので、さまざまなことを学べるのが魅力です。所属ゼミの先生が担当している「地方財政論」では、財政の基礎から、政治や経済の問題と財政の関わりなど、実際の事例に基づく知識まで、幅広く学ぶことができました。これまで見逃していたニュースに注目し、内容をより深く理解できるようになったのは、大きな成果だと思います。

Top of page

上へ戻る