国際日本学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料閲覧はこちら

学内情報サービス

国際日本学研究科教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

国際日本学研究科

博士前期課程

国際日本学研究科博士前期課程の教育理念・目標である、「日本の文化及び社会システムを国際的な視点に立ってよく理解するとともに、異文化や多様な社会システムに対する理解力をもち、さらに自らの意思を的確に表現できる、国際社会で広く活躍する力のある実務者・教育者・研究者等の養成」を実現するために、以下に示す方針に基づきカリキュラムを編成します。 
  • 国際的視点を持ち世界における日本を深く認識し、その認識に基づき的確に行動し得る能力を構築するために、本研究科の研究領域として、ポップカルチャー研究、メディア・社会・国際研究、多文化共生・異文化間教育研究、日本語学・日本語教育学研究、英語教育学研究、文化・思想研究の6つの研究領域を設置します。
  • これまで独立した領域と見なされがちだった「日本研究」と「国際研究」の関係性を重視し、そこに存在する問題を発見し、課題を設定してその解を導く能力を重視します。
  • 現場を重視し、理論に加えて実践の能力を養えるような教育を行います。
  • これらの方針を踏まえ、学生の研究に必要な知識を教授するとともに、国際的視野で物事を考え、自らの見出した問題について独創的な見解を示すことが可能となるように修士学位論文作成に向けて個別的指導を行います。

博士後期課程

国際日本学研究科博士後期課程では、国際日本学の発展に寄与しうる柔軟で堅固な基礎を持つ研究者を養成するため、博士前期課程における研究領域の区分を無くし、自らの関心にしたがって自由に領域を超えて学ぶことができる環境を整えています。博士後期課程で学ぶ研究テーマは、より特殊で具体的なものとなりますが、それに伴って、さらに、より広い研究分野の知識が必要不可欠となるからです。カリキュラム編成に関わる教育・研究の特色は以下のとおりです。
  • 日本研究と国際研究の総合及び文化研究と社会研究の総合によって新たな問題設定能力・解決能力を養います。
  • それぞれの研究テーマにおいて、理論に加えて現場での実践における考察を深めていきます。
  • 言語学や言語教育の分野をはじめ、英語による授業も行い、複言語、複文化を身につけていきます。
  • 国際的学術交流の機会を積極的に設け、本研究科から国際日本学を発信するとともに、海外から研究者や大学院生を受け入れ、交流を進める中で、本研究科の教育・研究水準の引き上げを目指します。
  • これらの方針を踏まえ、学生の研究に必要な知識を教授するとともに、国際的視野で物事を考え、新たに起こりうる課題に対し、国際的な成果を上げることが可能となるように博士学位論文作成に向けて個別的指導を行います。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.