国際日本学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料閲覧はこちら

学内情報サービス

美濃部 仁 MINOBE Hitoshi

ミノベ ヒトシ

職格
専任教授
学位
博士(文学)
最終学歴
京都大学大学院
研究業績等
教員データベース
E-mail
minobe■meiji.ac.jp(■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野)
哲学、特に宗教哲学
大学院研究指導担当
博士前期     博士後期 

研究テーマ

西田幾多郎とドイツ観念論における「絶対的なもの」を,特に「自我」との関係において研究

キーワード

自己,自己否定,絶対者

主な大学院担当科目

日本思想演習IA~D、日本思想研究C・D

※「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

質問がある場合は、メール(minobe@meiji.ac.jp)等でお尋ねください。

主な著書・論文

「実在性の拠り所としての良心と良心を超える立場—1800年前後のフィヒテ—」(『理想』第697号2016年)
「西田における知と絶対無」(藤田正勝編『思想間の対話』法政大学出版局2015年所収)
「フィヒテとヤコービにおける知の否定性」(『フィヒテ研究』第21号2013年)
「茶の思想」(『講座 日本茶の湯全史 第三巻 近代』思文閣出版2013年所収)
「火は火を焼かない—西谷啓治における「空」と「回互」—」(『理想』第689号2012年)

指導可能な研究テーマの例

西田幾多郎,西谷啓治等,いわゆる京都学派の思想について。 カント,フィヒテ,シェリング,ヘーゲル等のドイツ哲学について。

これまでに指導した学位論文

【修士論文】
・ボランティアと他力
 —木越康『ボランティアは親鸞の教えに反するのか』を手がかりに—
・滝沢克己と久松真一
・ロールズ『正義論』における反照的均衡と道徳的直観の意義
・「空・転」する知
 —西谷啓治『宗教とは何か』をめぐって—
・エマニュエル・レヴィナスにおける感受性と意味作用
 —「発話と沈黙」から『全体性と無限』へ—

「文化・思想研究領域」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.