国際日本学研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料閲覧はこちら

学内情報サービス

尾関 直子 OZEKI Naoko

オゼキ ナオコ

職格
専任教授
学位
Ph.D.
最終学歴
インディアナ・ユニバーシティ・オブ・ペンシルベニア大学院
研究業績等
教員データベース
E-mail
meijinaoko■gmail.com(■を@に置き換えてください)
専攻分野(研究分野)
応用言語学、英語教育
大学院研究指導担当
博士前期     博士後期 

研究テーマ

学習ストラテジー指導を取り入れた授業、CEFRと学習者の自律、スピーキングモデルの構築

キーワード

学習ストラテジー,スピーキング,学習者の自律

主な大学院担当科目

英語教育学演習IA~D、英語教育学研究(学習指導要領と指導法)

※「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

中・高での英語教師を目指す人は,専修免許を取得することができるので,ぜひ挑戦してください。将来,研究者を目指す人にとっても,研究者に必要な知識,経験,創造力が身につくプログラムになっています。志の高い人は,ぜひ勉強しに来てください。

主な著書・論文

『Autonomous Communicators Who Live in the 21st Century』,単著,Bulletin of National Federation of the Prefectural English Teachers' Organizations,pp. 215-233, (2016年)
『L2スピーチプロダクションの発達研究:ダイナミックシステムズ理論からのアプローチ』,共著,明治大学人文科学研究所紀要79号,pp. 1-28, (2016年)
『JACETグローバル人材特別委員会 外部試験大学実態調査班,共著,グローバル人材育成のための大学英語教育の取り組み:最終報告書(JACET, 2016年)
『CEFRJガイドブック』,共著,(大修館書店・2013年)
『高等学校新学習指導要領の展開』,共著,pp. 94-115「英語表現」, pp. 157-163「英会話」(明治図書・2010年)

指導可能な研究テーマの例

中等英語教育,学習者の自律とCEFR,学習ストラテジー,第二言語習得など

これまでに指導した学位論文

【修士論文】
・The Role of Homeroom Teachers in Japanese Elementary School English Education
・Types of Motivation Which Establish a Habit of Reading in English
・The Relationships between Working Memory Capacity and L2 Oral Production under Pre-planning and Online
 Planning Conditions
・Teachers' Perceptions of the English Curriculum Guidelines in Japan and Taiwan
・Transitions of English Learners' Vocabulary Learning Strategy Beliefs and Use
・Teacher's Use of the Learners' L1 in the L2 Classroom
・Teaching Learning Strategies to Foster Students' Zest for Life in the Japanese English Teaching Context

「英語教育学研究領域」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.