『大学史紀要』第13号 特集「山崎今朝弥・布施辰治研究」の刊行について

このたび、『大学史紀要』第13号(2009年3月刊・頒価800円)を刊行しました。今回の特集テーマは、「山崎今朝弥・布施辰治研究」です。
当センターでは2006年度から、山崎今朝弥,布施辰治,平出修らを対象とする「明治大学人権派弁護士研究会」を組織し、共同研究を進めてきました。今号は,前号に続く特集の第2弾となります。
目 次

(論  文)

【特集 山崎今朝弥・布施辰治研究】

山泉   進  山崎今朝弥の修学時代

飯澤 文夫  山崎今朝弥と郷土

飯澤 文夫  山崎今朝弥年譜(稿)

村上 一博  小作権の本質をめぐる布施辰治の法廷弁論

中村 正也  借家人同盟の演説ビラにみる関東大震災後の布施辰治の活動

阿部 裕樹  布施辰治における小作争議戦術と「本人主義」
    —入間郡福岡村火工廠設置反対運動を通じて—

長沼 秀明  人権派弁護士たち在学当時の明治法律学校
    —法体制確立期の危機が育んだ「駿台学」—

【自由論題】

鈴木 秀幸  地域と高等教育から見た明治中後期中等教育
    —埼玉英和学校を中心に—

【大学史ノート】

村上 一博  草創期明治法律学校出身の代言人《武部其文》の回顧録

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.