法学部・大学院法学研究科・法科大学院がデ・ラ・サール大学法科大学院(フィリピン)と部局間協力協定を締結

2016年07月11日
明治大学 法学部

アンソニー・ペラルタ デ・ラ・サール大学法科大学院教授と三林宏法科大学院長 アンソニー・ペラルタ デ・ラ・サール大学法科大学院教授と三林宏法科大学院長 

小室輝久法学部准教授から修了証の授与小室輝久法学部准教授から修了証の授与

修了証を受け取り笑顔の参加者修了証を受け取り笑顔の参加者

 法学部・大学院法学研究科・法科大学院とフィリピンのデ・ラ・サール大学法科大学院は、7月8日、駿河台キャンパスにて部局間協力に関する覚書の締結にかかる調印セレモニーおよび法学部が実施した「Law in Japan Program for De La Salle University」の修了式を実施しました。

 本学とデ・ラ・サール大学は、2014年に大学間協力協定を締結。法学部は、2013年度から、デ・ラ・サール大学法科大学院において春期法学研修を実施、学生を派遣しています。2015年度からは、法学部において「Law in Japan Program for De La Salle University」を実施し、学生の受入れも開始。部局間における交流が深まり、7月5日、部局間協力に関する覚書の締結に至りました。

 調印セレモニーは、アンソニー・ペラルタ デ・ラ・サール大学法科大学院教授、三林宏法科大学院長をはじめ明大法学部の教員が参加し、あらためて相互の協力関係を確認し合う場となりました。

 調印セレモニーに引き続き、6月27日から7月8日までの10日間、デ・ラ・サール大学法科大学院法務博士課程の学生5名を受け入れて実施された、「Law in Japan Program for De La Salle University 」の修了式が行われました。

 プログラムディレクターの小室輝久法学部准教授から、修了証を受け取った参加者は、「明大の教授や学生サポーターにとても親切にしてもらい、感動した。充実した2週間を過ごすことができた。」と口を揃えました。
 また、2年連続で学生サポーターを務めた法学部生は、「1年次にデ・ラ・サール大学春期法学研修に参加し、デ・ラ・サール大生の優しさや明るさに触れたことがサポーターに応募したきっかけ。お互いの文化や生活習慣を教え合う、貴重な経験ができた。来年もまたサポーターとして参加したい。」と顔をほころばせていました。

 今回の覚書の締結を契機に、短期の学生交流や教員交流の活発化が図られるとともに、主に法科大学院生を対象としたエクスターン(海外法曹実務演習)のマニラでの実施も検討されており、両部局間での協力の促進が期待されています。

「法学部 ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.