教養デザイン研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

教養デザイン研究科の教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

教養デザイン研究科

博士前期課程

 教養デザイン研究科博士前期課程は、教育研究の総合的なテーマとして「人間性とその適正な環境の探求」を掲げています。「人間性」「環境」「行動倫理」がキーワードとなります。この3つのキーワードを研究対象として統合化し、整理したものが「思想」「文化」「平和・環境」の3つの領域研究コースです。学際的知識の修得と主体的に倫理的行動をとりうる人材を養成することを目的として、次のような方針に基づきカリキュラムを編成し、実施します。

  • 人文科学・社会科学・自然科学の分野にまたがる総合的・学際的知識を修得するための科目を配置します。
  • 専門的知識を深めると同時に、専門的知識の殻に閉じこもらない総合的・学際的知識を深め、複眼的視野を育成することを配慮します。
  • 指導教員と副指導教員による複数指導体制をとり、研究科全体で段階的に研究指導を行います。
博士後期課程
 教養デザイン研究科博士後課程の教育研究の総合的なテーマである「人間性とその適正な環境の探求」を行いうる、個別学問分野における深い専門性と高い倫理性を持った研究者を養成するため、次のような方針に基づきカリキュラムを編成し、実施します。
  • 指導教員と副指導教員による複数指導体制のもと、専門分野における知識の高度化と研究の独創性を育成すると同時に、専門分野に関連する幅広い知識の修得とアカデミック・スキルの向上を配慮します。
  • 博士前期課程において培った総合的・学際的知識と複眼的視野の深化を目指します。
  • 学会誌等への投稿を促して、研究の対外的評価を求めていきます。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.