教養デザイン研究科

関連情報

事務室からのお知らせ

資料請求はこちら

学内情報サービス

池田 功 IKEDA Isao

イケダ イサオ

職格
教授
学位
博士(文学)
最終学歴
明治大学大学院
研究業績等
教員データベース
専攻分野(研究分野)
日本文学 日本近代における文学と文化及び社会
大学院研究指導担当
博士前期     博士後期 

研究テーマ

日本近代の文芸研究、病と人間の文化研究、死生観の研究、韓国と日本の比較研究

キーワード

日本の近代文化、病と人間の文化史、日本人の死生観

主な大学院担当科目

地域文化研究演習、地域文化研究特論I、研究論文指導

※「ゲストログインはこちらから」をクリックし、「授業検索」画面から教員名で検索してください。

受験生・学生へのメッセージ

生老病死は人間の宿命である。病になることは好ましいことではない。しかし、病むことにより、家族や自己との対話を通して命の輝きを知ったり、また真の自己に出会うことができるとするなら、病むことは私たちを成長させてくれるものである。そのようなことを描いた作品こそ、すぐれた文化遺産というべきものであろう。「地域文化研究特論Ⅰ」の授業では、作品の分析や病の解説を通して、病と人間の文化史を考えることを目的とする。具体的には、結核の文化史、ハンセン病の文化史、脚気の文化史等の身体の病の文化史。また、摂食障害と引きこもり、EDと不感症、ヒステリー、幻視・幻聴、アルコール依存症等の心の病の文化史。さらに、癒しの文化史や治療文化等を予定している。

主な著書・論文

『啄木日記を読む』(新日本出版社・2011年)
『新版 こころの病の文化史』(おうふう・2008年)
『石川啄木 その散文と思想』(世界思想社2008年)
『石川啄木 国際性への視座』(おうふう・2006年)

「教養デザイン専攻 文化 教員一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.