現象数理学科 専任教員一覧

井倉 弓彦 (イクラ ユミヒコ)

研究テーマ さまざまな自然現象に対する実験的および数理的理解への取り組み



自然界に見られる自発的秩序形成などの現象の根底を探る研究に取り組んでいます。主に、自己駆動素子を利用した単純な実験モデルの構築や、それを記述する数理モデルの構成・解析などによって、これら現象に対する本質の理解を目指しています。
►研究業績等

池田 幸太 (イケダ コウタ )

研究テーマ 時空間パターンの発生メカニズムの数理的な解明



動物の表皮、化学反応、燃焼過程等、自然現象にはさまざまな模様(パターン)が現れます。パターンがなぜ現れるのか、どのような性質を持つのかといった問いに、数学を用いて答えることが研究目標です。
►研究業績等

乾 孝治 (イヌイ コウジ )

研究テーマ ファイナンス工学による金融市場現象の解析



確率モデルや統計を利用するファイナンス工学の接近法により、金融資産の価格やリスク評価の方法について研究し、投資の意思決定や商品開発、実際のリスクマネジメントに役立てることを目指しています。
►研究業績等

井上 雅世 (イノウエ マサヨ )

研究テーマ 数理モデリングによる生命システムがもつ普遍法則の理論構築



生き物は周囲の環境変化に対してさまざまな応答を示します。その入力から出力を導くブラックボックスの中にある生き物らしさを数理的に記述することを目指し、細胞レベルの情報処理メカニズムについて研究をおこなっています。
►研究業績等

小川 知之 (オガワ トシユキ )

研究テーマ 微分方程式の分岐理論とパターンダイナミクス



自然現象の中に潜む基本的な原理(からくり)を明らかにすることを目標にしています。熱対流、化学反応、生理現象、生態学など中身もスケールも異なる現象が実は同じ数学的な構造に支配されていることがわかると非常に楽しいものです。主に微分方程式系の解構造・ダイナミクスを分岐理論や勾配系、保存系など力学系の理論を使用・構築しながら研究しています。
►研究業績等

桂田 祐史 (カツラダ マサシ )

研究テーマ 微分方程式に対する数値計算法の数理の解析



さまざまな現象は数学的に微分方程式でモデル化できますが、微分方程式はいつでも解けるとは限らず、コンピュータによる数値計算が必要になります。その方法を数学的に解析して、より優れた計算法を開発することを目標に研究しています。
►研究業績等

Ginder Elliott (ギンダー エリオット )

研究テーマ 変分法における近似解法と数理モデリング



応用数学の視点から、界面運動や形状最適化の数理を主に着目しています。対象となるのは、結晶成長から画像処理における逆問題までの幅広い現象です。実験、解析、計算の三つを柱にして研究を進めています。
►研究業績等

佐藤 篤之 (サトウ アツシ )

研究テーマ 力学系・葉層構造



連続的な力学系は天体の動きの研究から生まれたテーマです。点が将来、どこに行き着くかを調べます。系によって、特定の軌道に近づいたり、空間全体を徘徊したりします。葉層構造は力学系を一般化したもので、軌道の次元が1次元より大きいものを考えます。
►研究業績等

佐藤 一 (サトウ ハジメ )

研究テーマ 数学教育における現実現象の教材化



多くの中学生・高校生にとって、数学の授業で身につけた事柄は、なかなか現実の世界で実在のものとならならず、学校の中でしか意味を持たないという状況があります。中学生・高校生にとって数学が世界を見る目となる教材の研究を行っています。
►研究業績等

末松 信彦 (スエマツ ノブヒコ )

研究テーマ 生物・無生物の集団が形成する秩序パターン



規則的な模様の形成は生物に限らず、自然界に多く見られます。光合成微生物からしょうのう舟まで、自発的に動く物の集団が相互作用を通して形成する模様の発見や、その形成機構の研究をしています。
►研究業績等

砂田 利一 (スナダ トシカズ )

研究テーマ 自然・社会に現れるさまざまな「ネットワーク」への離散幾何解析学の応用



自然や社会の中に見られる「バラバラなものをつないでいる」、いわゆるネットワークのモデルを考え、それを幾何学、解析学、数論、確率論、グラフ理論が融合した離散幾何解析学という数学を用いて研究しています。
►研究業績等

田中 美栄子 (タナカ ミエコ)

研究テーマ 社会・経済・金融の問題に現れる大規模で不規則なデータから役に立つ情報(主成分)を抽出する手法の開発とその応用



社会科学と自然科学の接点を研究する「社会物理学」や「経済物理学」という分野はまだ発展段階のため、面白いテーマがたくさんあります。 例えば、株価変動は殆ど乱数に見えますが、数分以内の高頻度変動には規則性があって、それを利用した予測も可能です。ある程度時間がたつとその規則性も変化しますが、 人工知能のテクニックを使って刻々と変化する市場と戦う余地もあります。コンピュータを駆使して、より良い戦略を自動生成することもできます。 完全にランダムな時系列に対して適用できる「ランダム行列理論」を使ってランダム部分とそうでない部分を分離するテクニックをうまく使うことで、市場の様相変化を見やすくすることもできます。 ついでにこの方法を使って、一般時系列の乱数度を測る道具を作ったりもしています。
►研究業績等

中村 和幸 (ナカムラ カズユキ )

研究テーマ ベイズ統計学と実験・計測データからの知識発見・予測



実験・計測データからアンケートまで、世の中にはさまざまな現象を表すデータがあります。このデータから、ベイズ統計学という数理を通じて、現象についての新しい知識と本質を見つけ、社会に役立てる方法を研究します。
►研究業績等

二宮 広和 (ニノミヤ ヒロカズ )

研究テーマ 非線型偏微分方程式論とパターン構造解明



多くの現象に見られる形状を数学的に理解するための道具を作っています。この研究は形状を利用する研究へと発展していきます。心室細動のメカニズム、動植物の形態や宇宙の形状のメカ ニズムを偏微分方程式の立場から研究しています。
►研究業績等

松山 直樹 (マツヤマ ナオキ )

研究テーマ アクチュアリー数理の研究



保険分野のアクチュアリー数理と金融分野のファイナンス数理の境界領域におけるリスクの計測と制御の研究を行っています。独自に発達してきた二つの数理手法を経済価値という尺度で統合することを目指しています。
►研究業績等

若野 友一郎 (ワカノ ユウイチロウ )

研究テーマ 生物の進化と生態の数理



生き物は食物・生息地・配偶相手などを巡って、日々さまざまなゲームを繰り広げており、そこからさまざまなパターンも現れます。これらを数理モデルで研究することで、真の姿が見えてきます。
►研究業績等
►ホームページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.