小林稔教授に「情報処理学会フェロー」の称号が授与、五十嵐悠紀講師が「学会活動貢献賞」を受賞しました(情報処理学会)

2016年06月20日
明治大学 総合数理学部

小林教授(右)と五十嵐講師(左)小林教授(右)と五十嵐講師(左)

明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科の小林稔教授と五十嵐悠紀専任講師が、2016年6月3日に行われた情報処理学会2016年度定時総会において、「情報処理学会フェロー」の称号授与(小林教授)、「学会活動貢献賞」を受賞(五十嵐講師)しました。

「情報処理学会フェロー」(小林教授 フェロー称号授与)
情報処理および情報通信等の分野で学術的または産業的発展・普及・振興などに著しい貢献をした情報処理学会会員に授与される称号です。小林教授は「コミュニケーション・コラボレーション支援技術の研究および学会運営への貢献」が認められ、フェローの称号が授与されました。

「学会活動貢献賞」(五十嵐講師受賞)
情報処理学会の特定分野の運営等に貢献した個人、または組織に対して贈られる賞です。五十嵐講師は「学会誌における編集業務への貢献」が認められ、受賞しました。


「総合数理学部 ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.