笠史郎教授(ネットワークデザイン学科)が一般社団法人情報通信技術委員会の功労賞を受賞しました

2016年07月07日
明治大学 総合数理学部

総合数理学部ネットワークデザイン学科の笠史郎教授が、一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)の功労賞を受賞しました。
情報通信技術委員会は、情報通信ネットワークに係る標準の作成とその普及を図ることを目的とした標準化機関であり、事業活動推進の一環として、事業の遂行に多大な貢献をした者に対して功労賞を授与しています。
笠教授は、「光ファイバ伝送に関する標準化の推進にかかわる功績」が認められ、受賞に至りました。

笠教授は、明治大学着任前のソフトバンク(株)在籍時に、TTCの擁する専門委員会の一つである、光ファイバ伝送専門委員会の副委員長を2011年11月~2016年3月まで務め、光ファイバ、光伝送システム等の国内標準の策定および国際標準化の提案活動を推進してきました。また、国際標準化活動においては、電気通信関係の国際標準化機関であるITU-T(International Telecommunication Union Telecommunication Standardization Sectorの略,国際電気通信連合の部門の一つである電気通信標準化部門) SG (Study Group) 15へのアップストリーム活動を通じて、日本から提案された技術内容の国際標準化推進に貢献し、日本発の光通信技術のグローバル化を推進しました。

「総合数理学部 ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.