情報コミュニケーション
学部

在学生向け

関連情報

メディアと環境コース

 メディアというとテレビや新聞などのマスメディアやパソコンや携帯電話などのメディア技術を考えがちですが、本コースが対象とする「メディア」にはマスメディアやTwitterやFacebookといったネットワークメディアの技術やサービスはもちろんのこと、身体的自然や科学技術一般も含まれます。つまり社会や人間を取り巻き、取り囲んでいる媒質(メディア)として自然や科学技術を捉え、メディアの観点から社会と人間とを逆照射しようというわけです。

1年次のコース共通必修科目

情報コミュニケーション学入門D

2年次のコース配当科目群

哲学、生命論、人類学、心理学、脳科学、環境科学 など

3・4年次のコース科目群

メディア論、不確実性下の人間行動、生命思想史、身体と意識、マスコミュニケーション論、情報と経済行動、認知科学、身体表現論、ジャーナリズム論、情報社会と出版、情報行動の心理学、造形表現論、政治とメディア、情報社会と芸術、不思議現象の心理学、音楽表現論、メディア批評、記号論、人間性心理学、映像表現論、メディアの歴史、広告論、環境心理学、アート・マネジメント など

目指す将来のイメージ

研究者、科学ジャーナリスト、技術者 など

卒業生の進路

(株)テレビ朝日、(株)博報堂、(株)NTTデータ、(株)ソニーミュージックエンタテインメント、明治大学大学院情報コミュニケーション研究科 など



上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.