日独国際シンポジウム

2010年10月22日(金)~23日(土)明治大学紫紺館3階 

『ライフコース選択の臨界点-生き方はどこまで自由に選べるのか?-』

要旨

『ライフコース選択の臨界点-生き方はどこまで自由に選べるのか?-』

少子高齢化や労働市場の再編成は大きな影響を各国にもたらしている。日本とドイツも例外ではない。第二次大戦後、両国は高度経済成長を経験したが、その時期にライフコースの「標準化」が見られた。その後、日本でもドイツでも、個人化がすすみ、生き方やライフスタイルが多様化したといわれる。しかしながら自由に生き方を決められるかといえば決してそうではない。本会議では、日・独・米・香港を拠点に活動する研究者が集い、日独社会における個人の生き方の変容を、願望、社会規範、現在の社会状況等との関連から検討し、「ライフコース選択の臨界点」を探る。特に、近年のライフコースの変容と持続について、ライフストーリーないしバイオグラフィーの視点も取り入れ、仕事、家族、住まいの三つの分野に焦点を絞り考察する。
※日英同時通訳付
詳細はこちらをご覧ください。 
申込方法
参加費無料:10月18日までにe-mailまたはFax: +81(0)3-3222-5420にてお申し込みください
Email : life@dijtokyo.org 
会場案内

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.