メールマガジン 第31号

●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●
ジェンダーセンターNEWS〈第31号〉 (2015.10.9)

・ジェンダーセンター後援 情報コミュニケーション研究科特別講義「フィールド調査で語られない性」のご案内 
・ジェンダーセンター共催 明治大学国際シンポジウム「学術分野の男女共同参画と多様性」のご案内

●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       
清秋の候となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。

ジェンダーセンターでは、以下のイベントを開催いたします。ふるってご参加ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 


◆明治大学大学院情報コミュニケーション研究科特別講義「フィールド調査で語られない性」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【講師】熱田敬子氏(明治大学文学部兼任講師) 社会学・ジェンダー論
日本学術振興会特別研究員,早稲田大学文学学術院助手を経て現職
【日時】2015年10月20日(火)18:00~19:30
【会場】明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント3階 403N教室
【主催】明治大学大学院情報コミュニケーション研究科
【後援】明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター

【概要】 
社会調査の方法論では,調査される側の権利侵害について議論が重ねられてきたにもかかわらず,性的侵害についてはほとんど触れられない。
そして,調査者が性被害をうけることもよくあるはずだと経験的に思う。文化人類学者のエヴァ・モレノは,エチオピアでのフィールドワーク中,アシスタントの男性からレイプ被害をうけたことを発表している。インフォーマルな体験談では,学生の調査実習での出来事を含め,性被害の話はめずらしくない。しかし,加害だけでなく被害も,公に語られることは稀である。フィールドにおける恋愛関係ですら,論文に書かれることはすくない。
本報告では,若者であること,学生であること,女性であること等,フィールドワーカーがもつ様々な属性と関連させて,フィールドにおける性の問題に  どのように向き合うべきかを考えたい。
★入場無料・申し込み不要です。

★詳細はこちらをご覧ください↓
https://www.meiji.ac.jp/dai_in/infocom/info/2015/6t5h7p00000jcawd.html




◆明治大学国際シンポジウム「学術分野の男女共同参画と多様性」
International Symposium: Gender Equality and Diversity in the Research Environment
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】2015年11月6日(金)開会式・全体会  7日(土)分科会
【会場】明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント
【共催】明治大学男女共同参画推進センター女性研究者研究活動支援事業推進本部
明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター
明治大学法科大学院ジェンダー法センター
【後援】明治大学専任教授連合会

【概要】
男女共同参画が社会の様々な領域で推進されつつあるが、学術分野の男女共同参画も今日の大きな課題のひとつである。明治大学では、明治大学男女共同参画推進センター女性研究者研究活動支援事業推進本部、情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター、法科大学院ジェンダー法センターの3つの組織の共催で、学術分野での男女共同参画をテーマにした国際シンポジウムを開催する。
2日間にわたるシンポジウムでは、日本国内と海外の主に女性研究者たちを中心として、アカデミックな領域での多様な男女共同参画のあり方が語られ、討論されていく。

【日程とプログラム】
11月6日(金) 開会式・全体会
<会場>グローバルフロント1階グローバルホール
<時間>15:00~17:00(開場14:30)
<言語>(英語・日本語、通訳あり)
※開会式・全体会については事前申込不要・入場無料
問合せ先:danjo@meiji.ac.jp

○開会宣言・趣旨説明・ロゴマークの発表
女性研究者研究活動支援事業推進本部代表、法科大学院ジェンダー法センター長 辻村みよ子
◯開会挨拶 明治大学副学長 勝悦子
◯来賓挨拶 内閣府男女共同参画局長 武川恵子
◯海外ゲスト挨拶
チョンプヌッ・K・パームプーンウィワット(タイ・シーナカリンウィロート大学准教授)
○基調講演
【第一基調講演】 大坪久子(日本大学薬学部薬学研究所上席研究員)
   「理系分野における男女共同参画・女性研究者支援について」
【第二基調講演】 ジャッキー・スティール(東京大学社会科学研究所准教授)
   「学術分野の男女共同参画政策の世界的動向」
◯分科会紹介
男女共同参画推進センター副センター長、情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター長 細野はるみ
◯閉会挨拶 明治大学副学長・男女共同参画推進センター長 長尾進 

司会 情報コミュニケーション学部専任講師 脇本竜太郎
全体会コーディネーター 商学部教授 中林真理子


11月7日(土) 分科会 
【第1分科会】情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター主催・推進本部共催
<会場>グローバルフロント17階C5会議室  <使用言語>英語(一部日本語通訳あり)
A「21世紀を研究者として生きる——女性のアカデミック・キャリアにおける機会と障壁」
(Living as a Researcher in the Twenty-First Century: Opportunities and Obstacles to Women’s Academic Career)
※事前申込制 申込先:gender@meiji.ac.jp
時間:13:00~15:30

B「タイにおける女性のエンパワーメント——社会的・経済的・文化的状況」
(Women's Empowerment: Social, Economic and Cultural Aspects in Thailand)
※事前申込制 申込先:gender@meiji.ac.jp
時間:16:00~17:30

【第2分科会】 法科大学院ジェンダー法センター主催・推進本部共催
後援:日本弁護士連合会、日本女性法律家協会、ジェンダー法学会
「女性研究者・法曹養成と男女共同参画政策」
(Promoting Female Researchers and Lawyers through Gender Equality Policies) 
※入場自由 問合せ先:cgal@meiji.ac.jp
会場:グローバルフロント1階多目的室
時間:10:00~13:30
使用言語:日本語
角田由紀子・打越さく良弁護士等講演
                     

【国際シンポジウム関連イベント】
※事前申込制 申込先:gender@meiji.ac.jp
日韓若手女性研究者フォーラム 「身体・表象・ジェンダー」
日時:2015年11月6日(金)9:00~14:30、11月7日(土)9:00~12:00
会場:グローバルフロント17階会議室
使用言語:日本語、韓国語(通訳あり)
共催:明治大学情報コミュニケーション研究科
     明治大学身体コミュニケーション研究所 成均館大学芸術学研究科


★開会式・全体会、分科会、関連イベントは、それぞれ事前申込の有無や問合せ先が異なります。ご注意ください。

★11月6日・7日の国際シンポジウム期間中は臨時託児ルームを開室しています。(事前申込制)
お申し込みのご連絡をされる際は、「11月6日・7日に明治大学にて開催される臨時託児の申し込み」であることを必ずお伝えください。
託児ルーム申し込み連絡先(株式会社ポピンズ)
TEL:0120-27-2100/03-3447-2292  E-mail:event-child.poppins.co.jp
(託児ルーム申込受付期間:10月5日~30日)


★国際シンポジウムの詳細についてはこちらをご覧ください。
http://www.meiji.ac.jp/infocom/gender/



●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●
発行:明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 リバティタワー21階
Tel・Fax : 03-3296-4436
Mail : gender@meiji.ac.jp(※メールアドレスが左記のように変更になりました)
(メールマガジンの配信を希望されない場合は上記アドレスにご連絡ください)
●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.