メールマガジン 第35号

●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●
ジェンダーセンターNEWS〈第35号〉 (2016.6.8)

・ドキュメンタリー映画「ちづる」上映会開催のお知らせ

●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       
梅雨の季節に入りましたが、いかがお過ごしですか。

ジェンダーセンターでは、以下のイベントを開催いたします。ふるってご参加ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 


ドキュメンタリー映画「ちづる」上映会
(上映後、赤崎正和監督の講演と森達也教授の映画コメントを予定)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【概要】
映画「ちづる」は、立教大学で映像学を専攻していた赤崎正和監督が、卒業制作として重度の知的障害と自閉症をもっている自身の妹・千鶴とその母の日常を一年間にわたって撮り続けたドキュメンタリー作品である。2011年秋に初めて一般公開され、注目を集めてきた。
妹・千鶴は、独特の感覚に基づいたこだわりをもち、周囲とのコミュニケーションに困難を抱える。そのため、彼女の行動は、日々の生活の中に予想外の展開を巻き起こしていく。ドキュメンタリーの中ではそんな千鶴と母の日常がカメラを通して映し出される。そして、映画制作を通して、撮影する兄・赤崎監督自身も妹や母と正面から向き合い、家族との新しい関係を築いてく。
映画では、障害者本人を支える家族の課題が浮き彫りにされるだけでなく、障害をもつ、もたないにかかわらず、人と人がともに生きていくというあり方に一石を投じる。
映画上映後には、赤崎監督の講演と、森達也・情報コミュニケーション学部特任教授の映画コメントを予定している。

【プログラム】
・映画上映(約80分)
・赤崎正和監督による講演
・森達也教授による映画コメント
・質疑応答

【日時】2016年6月21日(火)17:30~20:00(17:00開場)
【会場】明治大学駿河台キャンパス  グローバルフロント グローバルホール
【主催】 明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター
【後援】 明治大学学生相談室

★事前予約不要・入場無料

★イベントの詳細はジェンダーセンターのHPをご覧ください↓
http://www.meiji.ac.jp/infocom/gender/info/2016/6t5h7p00000llad5.html


●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●
発行:明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 リバティタワー21階
Tel・Fax : 03-3296-4436
Mail : gender@meiji.ac.jp(※メールアドレスが左記のように変更になりました)
(メールマガジンの配信を希望されない場合は上記アドレスにご連絡ください)
●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●Gc●


上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.