定例研究会 2010年度

2010年度実施分定例研究会の成果につきましては『ジェンダーセンター年次報告書2010年度』(2011年3月31日発行)をご参照ください。(PDFデータにリンク) 

2010年度 第4回 常岡 浩介氏

『アフガニスタン民衆レベルのジェンダー意識について』

講師略歴 常岡 浩介氏

『アフガニスタン民衆レベルのジェンダー意識について』

1969年長崎県島原市生まれ。
早稲田大学人間科学部卒業。94年よりNBC長崎放送報道部記者。98年よりフリーランスに。
アフガニスタン、チェチェン、イラク、パレスチナなど、紛争地を中心に取材。雑誌やテレビで発表。2001年にはロシア、インターファクスから「日本国籍の国際テロリスト」と書き立てられる。2004年にはロシアで秘密警察FSB(連邦保安局)に一時拘束され、ロシアから国外退去に。2010年4月より5ヶ月間、アフガニスタンで政府系軍閥組織に身代金目的誘拐されるも、無条件解放。『ロシア 語られない戦争』(2008年7月、アスキー 新書)で、第14回平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞を受賞。 

当研究会の映像を公開します。映像はこちらからご覧ください。

2010年度 第3回 金野 美奈子氏

『平等から協働へ—〈性別〉と職場のよりよい関係を求めて』

講師略歴 金野 美奈子氏

『平等から協働へ—〈性別〉と職場のよりよい関係を求めて』

東京女子大学現代教養学部准教授、専門は社会学。
2003年に東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了、博士(社会学)。
神戸大学准教授を経て2010年4月より現職。

2010年度 第2回 角田 由紀子氏

『ジェンダー視点をもった法律家をどう育てるか』

講師略歴 角田 由紀子氏

『ジェンダー視点をもった法律家をどう育てるか』

明治大学法科大学院教授
1975年に弁護士登録、現在は静岡弁護士会所属。
1986年から東京強姦救援センターの法律アドバイザー。
セクシャル・ハラスメントや性暴力、ドメスティック・バイオレンス事件などを多く手掛けてきた。

主な著書や論文
『性の法律学』、『性差別と暴力』(いずれも有斐閣)、「セクハラ裁判の現状」(弁護士研修講座東京弁護士会・商事法務)、「性暴力と法」(法社会学54号)、「刑事弁護と被害者保護」(日弁連研修叢書)ほか多数 
1940年には3人だった女性弁護士の数が、1975年には324人、そして2009年現在は4,127人。一見順調に増えているように見えますが、これでもまだ女性の割合は全体の約15%にとどまっているのが現状です。
はたして、法律家の世界は男女平等なのか?
法律家は男女平等意識を持っているのか?
そして、今後ジェンダーの視点をもった法律家をどこでどのように育てるのか。
角田先生ご自身の女性弁護士としての35年間の経験をもとに、現状の問題点や数々の事案をあげながら、実務と教育の両方にわたる様々な見解が述べられ、法曹界の現実を知る良い機会となりました。 

角田由紀子氏

角田由紀子氏

2010年度 第1回 水戸部 由枝氏

「68年運動」後の日独における身体・セクシュアリティをめぐる論争 —日本の「優生保護法改悪阻止運動」と西ドイツの妊娠中絶合法化運動を中心に—

講師略歴 水戸部 由枝氏

「68年運動」後の日独における身体・セクシュアリティをめぐる論争

明治大学政治経済学部専任講師(西洋政治史)
1996年 明治大学政治経済学部卒業
2006年 明治大学大学院政治経済学研究科博士後期課程修了
博士(政治学)
明治大学・日本大学他兼任講師を経て2009年より現職 
60年代後半に激化した左派学生らによる抗議運動「68年運動」とこの運動にかかわった「68年世代」。70年代初頭に起こった「性の解放」を求める運動の象徴といえる、西ドイツの「妊娠中絶合法化運動」や日本の「優生保護法改悪阻止運動」は、この「68年運動」が転機となったのか?
「68年運動」は「性革命」を引き起こしたのか?
日独比較における中絶やセクシュアリティをめぐる問題、それらを取り巻く歴史的背景について、相違点や共通点をあげながら、これらの問題に対する様々な見解が述べられました。会場には「68年世代」も多数参加しており、講演後の質疑応答もかなり白熱したものとなりました。 

水戸部由枝氏

水戸部由枝氏

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.