情報コミュニケーション
学部

在学生向け

関連情報

【2017年度入学者】情報コミュニケーション学部 カリキュラム変更のお知らせ

2017年01月20日
明治大学 情報コミュニケーション学部事務室

情報コミュニケーション学部では、2017年度入学者よりカリキュラムを変更することとなっております。

情報コミュニケーション学部は、学生が大学で学ぶ期間を「問題を発見し、解決する4年間」と位置づけています。
それを実現するために〈3フレーム・科目プール制〉といったものを設け、1年次から段階を経て学際的知識を修得することを可能としてあります。この中にある「専門科目群」では、学際的専門教育を重視し、1,2年生・3,4年生ごとに3つのフレームを用意し、その中に学生が自由に選択できる専門科目を用意してあります。この3フレームは、あくまでも学生が科目履修の選択を行う上での枠組み(目安)にすぎません。学生は、自己の問題関心にしたがい、〈3フレーム〉の中にある〈科目プール〉から自由に科目を選択し、学習することが可能となります。1,2年次では、伝統的学問体系を意識した〈3フレーム〉(社会科学・人文科学・自然科学)を設け、3,4年次では、より学際性を意識した〈3フレーム〉、すなわち、社会システム・文化と表象・人間と環境を設置してあります。この〈3フレーム・科目プール制〉を活用することにより、学生の主体性は最大限に発揮できると期待しています。

学生は〈3フレーム・科目プール制〉の中にある「専門科目群」から、自己の問題関心に従い、主体的にカスタマイズした科目履修が可能となります。わたしたちは、それを支援するために〈履修モジュール〉というものを70種類ほど作成しました。《モジュールの一覧は こちら 》もちろん、この〈履修モジュール〉は例示でしかありません。学生はそれを参考にして、履修科目を自由にカスタマイズすることができるわけです。

また、1年次から段階を経て学際的知識を修得することが可能となるカリキュラムを設けてあります。卒業要件の124単位のうち、〈3フレーム・科目プール制度〉が適用される「学際科目群」に関しては、選択必修科目として64単位以上を履修する必要があります。1,2年次では社会科学・人文科学・自然科学の3フレームから計10単位(社会科学フレームから4単位、人文科学フレームから4単位、自然科学フレームから2単位)を、3,4年次では、専門科目群全体から、54単位以上を履修することになります。

参考
・アドミッション・ポリシー → こちら
・カリキュラム・ポリシー → こちら
・ディプロマ・ポリシー → こちら
・設置科目一覧 → こちら

「情報コミュニケーション学部 ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.