経営学部

受験生向け

在学生向け

関連情報

学生の声

経 営 学 科

「経営学を通して世界を知ることが次のステップへの後押しに」

経営学科3年 郷 舞子  (東京都私立大妻高等学校卒業)

郷 舞子

明治大学経営学部の魅力は何ですか?

 幅広く学べるところです。経営学といっても、どのような視点で経営を見るかにより、大きく異なります。明治大学の経営学部は学生数が多い分、教授や講師の方々の人数も多いです。そのため、様々な視点から経営を見るための、多くの授業が展開されています。その中から自分の好きな授業を選んで、学ぶことができるのは大きな魅力です。

印象に残っている授業は何ですか?

 3年の前期に履修した「中小企業論」です。日本の企業のうち 99.7%は中小企業で、私はこれを中小企業論の授業で初めて知り、とても驚きました。授業を受けることで、中小企業経営の難しさや面白さなども知ることができました。また、教授がとても経験豊富な方で、実際のエピソードを踏まえて教えていただき、とても楽しかったです。

経営学科で自分が成長できたことは何ですか?

 企業を運営するために必要な社員の役割にはどのようなものがあるかを学んだことで、将来の働き方に対して具体的に、様々な視点から考えられるようになりました。また、“働かせ方”について学んだことで、多角的に自分の将来を考えるきっかけにもなりました。

会 計 学 科

「多岐にわたって展開されるゼミの研究分野から学びたいことを選択」

会計学科3年 大木 一樹  (千葉県立佐原白楊高等学校卒業)

大木 一樹

明治大学経営学部の魅力は何ですか?

 経営学部では、学科の選択は2年次から行います。興味のある ことが明確になってから選択できるのは、魅力のひとつではないでしょうか。 また、ゼミの研究分野も多岐にわたって展開されているため、学びたい分野 について徹底的に研究することも可能です。広範囲な選択肢と各々に対す る専門性のふたつを併せ持っているのは、経営学部の特長だと思います。

印象に残っている授業は?

 森久教授の「経営分析論」です。会計の知識を応用して、実際 の企業が開示している会計情報の数値を分析しながら、企業の状態や会計方 針、他社との比較の行い方を学びます。企業をマネジメント目線で分析する 際には、会計としての知識が必要であることを実感した授業です。そして学 んだ知識をアウトプットし、実際に企業分析ができたことに感動しました。

会計学科で自分が成長できたことは?

 会計学科では、公認会計士や起業を目指す向上心の高い学生 と多く出会います。同志の友人との効果的な情報交換ができる環境などが 整っていたおかげもあり、3年次では公認会計士試験に合格。自分が目指し たい将来像への、良い一歩を踏み出すことができました。

公 共 経 営 学 科

「ゼミのプレゼン大会には多くの学生が参加し刺激を受けました」

公共経営学科3年 中村 優太  (東京都私立攻玉社高等学校卒業)

中村 優太

明治大学経営学部の魅力は何ですか?

 ゼミの活動が活発で、ゼミプレゼンテーション大会や学部スポーツ大会などのイベントが行われていることです。ゼミプレゼンテーション大会では、経営学や会計学の分野だけでなく、歴史や地理などの教養系ゼミの学生も参加するため、他の学生の発表を聞き刺激を受けることができます。また、社会学や歴史学などさまざまな授業があることも魅力的だと思います。

公共経営学科を選んだ理由は何ですか?

 行政機関による都市運営に興味があり、公共経営学科を選びました。行政の観点から経営学を学ぶことで、将来の役に立つと思ったからです。実際に学科の授業では、行政だけでなくNPO・NGOなどの非営利組織や企業なども、公共の経営に携わっているということを知りました。また、経営学だけでなく会計学について学べる点も、選んだ理由のひとつです。

公共経営学科で自分が成長できたことは?

 公共経営学科所属ですが、ゼミでは歴史の分野について研究しています。ゼミプレゼンテーション大会では、学部で受けた授業の知識をもとに、自治体における歴史観光業について経営学の観点から発表しました。この経験により、多角的な視野で物事を見ることができるようになりました。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.