経営学部

受験生向け

在学生向け

関連情報

Ipagビジネススクール

パリとニースにキャンパスをもつ経営学専門のグランゼコール。米国のビジネススクールの教授法をモデルに、専門性に特化したプログラムを展開している他、海外大学との取り組みによって国際的に高い評価を得ている大学です。
  
 
所在地
フランス、パリ・ニース

大学概要
・1965年に創立された私立のグランゼコール。
・世界36か国に120を超える大学と協定を結ぶ、積極的に海外留学を推進している。
・全学生に対し、卒業までに国内または海外でのインターンシップを必須としている。

学年歴
Fall Semester: 9月上旬~12月下旬
Spring Semester: 1月上旬~5月下旬

過去の派遣実績(協定締結:2011年)
8名 ※2016年度現在
◇◆◇留学経験者の声◇◆
大学生活の内に時間が十分にないと出来ないことをしたい、英語力を伸ばしてこれからの人生に活かしたいと考え、両親の理解と協力を得て留学することを決意しました。Ipagパリは大都会の真ん中にある為、敷地は狭く、日本で通い慣れたキャンパスとは大きく異なります。授業はグループワークが多く、授業外で何度も集まったり、メールを交わしたりして一つの課題を完成させました。海外の学生は積極的に発言し、彼らの知識の多さに圧倒されるばかりでしたが、皆とても愉快でいい関係を築くことが出来ました。留学を迷っているなら是非勇気を出して一歩踏み出して下さい。(2011年度、半期留学)

英語を学ぶのではなく、海外の学生と英語でビジネスを学びたいと考え、多国籍の国「フランス」への留学を決意しました。授業はグループワーク、プレゼンテーション、ディベートが中心で、最初は自分の意見を言うのに躊躇してしまいましたが、徐々に慣れ、積極的に手を挙げることが出来るようになりました。授業は英語で行われますが、日常生活はフランス語が必要なので日本にいる間に少しでも勉強しておくことをお勧めします。留学中はクラブ活動等には参加しませんでしたが、週末はパーティに参加してたくさんの友達を作ることが出来ました。日本にいるよりも大変なことがたくさんありますが、笑顔で自信をもってチャレンジして下さい。(2011年度、通年留学)

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.