経営学部

受験生向け

在学生向け

関連情報

経営学部学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

目指すべき人材像

 経営学部は,経営についての系統的知識を修得することが必要であるという時代の要請に応えて創設されました。創立の目的は,経営問題を歴史意識と人間的自覚に基づいて処理しうる人材の育成であり,その精神は今日も受け継がれています。
 経営学部は,グローバルな視点から営利組織における道徳的・法的に正当な富の創造について理解するとともに,非営利組織の重要性を認識し,さらにはそれらを財務面から考察できる人材の育成を目指します。
 経営学科は,企業経営の多様な実態と変化に富む現実を解明するとともに,企業経営のあるべき姿を探求することを通じて,時代にふさわしいビジネスパーソンを育成します。会計学科は,時代に要請される会計的発想と技能を教授することにより,高度職業会計人,企業などでの会計・財務の専門家を養成します。公共経営学科では,行政組織のみならず公共サービスを担う民間の営利・非営利組織の経営活動とそれら主体間の連携活動について理解しているマネジメントの専門家を育てます。

そのための具体的到達目標

 経営学科は,経営の全体像を把握してマネジメントを実行できるリーダーシップ,グローバルからローカルまでの幅広い国際的な視点,未来の企業経営の構想力と新事業への挑戦,社会的責任を自覚した企業経営等の要請に応じることができる能力の涵養を目標とします。
 会計学科は,企業活動のグローバル化・情報化がもたらす多様な環境変化の下,高い倫理観と豊かな教養に加え,国内のみならず世界に通用する高度な会計技能を備えることを目標とします。
 公共経営学科は,健康・福祉の増進や環境保護などの社会的活動にかかわるNPO,スポーツ施設や文化施設,学校,病院,協同組合などのマネジメントを専門的に担い,それら組織の協働を積極的に推進できることを目標とします。
 3つの学科とも,教養科目や外国語科目などと共に,学部必修科目,学科必修科目,専門科目などを履修し,本学学則に定める期間に在学し,かつ卒業要件単位数を満たした者に学士(経営学)の学位を授与します。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.