明治大学におけるキャンパス・ハラスメントの防止等に関するガイドライン

キャンパス・ハラスメントとは?

 キャンパス・ハラスメントとは、相手側の意に反する不適切な発言、行為等を行うことによって、相手側に不快感や不利益を与え、又は相手側を差別的若しくは不利益な取扱いをすることによって相手側の人権を侵害し、教育研究・学習及び労働環境を悪化させることをいいます。

 キャンパス・ハラスメントには、性的な言動によるセクシュアル・ハラス メント、勉学・教育・研究に関連する言動によるアカデミック・ハラスメン ト、優越的地位や職務上の地位に基づく言動によるパワー・ハラスメント、言葉や態度によって人の心を傷つけるモラル・ハラスメントなどがあります。

1 セクシュアル・ハラスメント
 セクシュアル・ハラスメントには、教育・研究・課外活動、指導・助言及び雇用・管理並びにその他本学での活動に関して、性的な言動を行うことにより、利益若しくは不利益を与える、又は与えようとすること(地位利用型・対価型)と性的要求や性的な言動を繰り返すことによって、相手方に不快感を与え、就労・就学や教育・研究・課外活動の環境を悪化させること (環境型)が挙げられます。

(1)地位利用型・対価型セクシュアルハラスメント
 ア 個人的な性的要求に対する服従又は拒否を、教育・研究上の指導や評価、学業成績、人事及び勤務条件の決定や業務指揮に反映させること。
 イ 教育・研究上の指導や評価、 学業成績、人事及び勤務条件の決定や業務指揮を条件とした性的な働きかけをすること。
 ウ 教育・指導・業務中に相手への性的な関心を表現すること。

(2)環境型セクシュアル・ハラスメン ト
 ア 相手の意に反して執ように性的行為に誘ったり、交際の働きかけをしたりすること。
 イ 強引に接触したり、性的な行為を行う、又は行おうとしたりすること。
 ウ 相手に性的不快感を与えるような仕方で、身体を凝視したり、一方的に接近したりすること。
 エ ジェンダー的役割を殊更に強要すること。
 オ 性的関心から執ようにメール等を送信すること。
 カ 不当な性差別的意識に基づいた言動をすること。
 キ ストーキング行為

2 アカデミック・ハラスメント
 アカデミック・ハラスメントとは、教育・研究又は職務関係等における権力・上位の立場、優越的な地位等を背景に、意識的であるか無意識であるかを問わず、その指導を受ける者の修学・研究や職務上の権利を侵害したり、人格的尊厳を傷つけたりする不適切で不当な言動、指導又は待遇を指します。
 これは教育・研究上の場面において発生する問題であり、たとえ熱心な研究指導や善意による職務上の行為のつもりであっても、受け手にはそれが力関係を背景としたハラスメントと感じられることがあります。また、学会出張、ゼミ旅行等の学外においても、その力関係は維持されているとみなされます。ここでの言動は、執ようで持続的な「いじめ」だけでなく、単発のものも含まれます。

(1)修学・教育上のアカデミック・ハラスメント
ア 教育的な指導を理由なく拒否し、放置すること。
イ 常識的に不可能な課題の達成を強要すること。
ウ 他大学又は他研究室へ進学したり、異動したりすることを許さないこと。
エ 課外活動やゼミから正当な理由なく排除すること。
オ 不公平・不公正な成績評価をすること。(正当な理由なく進級・卒業・修了を認めないこと又は単位を与えないこと。)
カ 不適切な環境下において指導を強制すること。

(2)研究上のアカデミック・ハラスメント
ア 設備、研究資金、資料等の利用を不当に制限すること。
イ 研究発表活動を不当に制限すること。
ウ 経済的に困難な学会活動や研究活動を強要すること。
エ 研究チームから不当に排除すること。

(3)教育活動や就業上のアカデミック・ハラスメント
ア 教育や業務に関して著しく不公平・不公正な評価をすること。
イ 昇進や評価に関する権限を濫用すること。
ウ 通常の業務時間内では達成が困難な課題を日常的に強要すること。

3 パワー・ハラスメント
 パワー・ハラスメントとは、職務関係などにおける権力や上位の立場、優越的な地位等を背景に意識的であるか無意識であるかを問わず、その部下や同僚の職務上の権利を侵害したり人格的尊厳を傷つけたりする不適切で不当な言動、指導又は待遇を指します。また、課外活動や出張などの学外においても、その力関係は維持されているとみなされます。ここでの言動は、執ようで持続的な「いじめ」だけでなく、単発のものも含まれます。

[パワー・ハラスメントの例]

 ・ 業務、課外活動等に関して著 しく不公平・不公正な評価・処遇をすること。
 ・ 通常の業務時間内では達成が困難な課題を日常的に強要すること。
 ・ 職務上及び立場上知り得た個人の情報を基にして、不当な言動・処遇をすること。
 ・ 昇進、評価、雇用等に関する権限を濫用すること。
 ・ 職務上必要な情報を意図的に伝えないこと。
 ・ 不当で自分勝手なルールを強制すること。
 ・ 課外活動などから不当に排除すること。
 ・ 不正・違法行為を強要すること。
 ・ 私生活や私的活動への参加や協力を強要すること。
 ・ 業務、課外活動等を逸脱して執ようにメールを送信すること。
 ・ インターネット上のブログや掲示板への書き込みによって他人を傷つけること。

4 モラル・ハラスメント
 言葉や態度などによっておこなわれる精神的な暴力のことを指します。
言葉や態度、身振りや文書などによって、相手の人格的尊厳を傷つけたり、修学・研究や仕事の環境を悪化させたりすることをいいます。上下関係にある場合のみならず、対等であるべき同僚・仲間の間柄でも起こりうるのが特徴です。
 モラル・ハラスメントの被害者は長期にわたり被害を受け続けていることが多く、抑うつや心身症など、精神的・肉体的影響も大きいとされています。周囲もその状況を察知し、できるだけ早期に対応することが事態の改善に不可欠です。

 各事例については、一部重複するものもありますが、本学において発生するキャンパス・ハラスメントには、これらが相互に関連して発生するものであることを理解しておく必要があります。また、記載例は、キャンパス・ハラスメントの一部であり、それぞれのハラスメントの内容を限定したものではありません。

 さらに、上記に加えて、学生・生徒間や友人間のハラスメント、人格を全面的に否定するといった精神的な虐待や誹謗・中傷、暴力・体罰等基本的な人権を侵害するような行為のすべてがキャ ンパス・ハラスメントに当たります。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.